バス

スポンサーリンク
バス

【710円乗り放題】関鉄バス1日乗車券の買い方と使い方

茨城県内を走る関鉄バスには、土休日限定でIC一日乗車券が設定されています。SuicaやPASMOに発売するタイプで710円。一部路線を除き乗り放題。グループ会社もOKです。運賃が高くなりがちな路線バスを気兼ねなく使える、おトクなきっぷです。
バス

ついに横浜市営地下鉄「あざみ野ー新百合ヶ丘」延伸へ。沿線をバスで巡ってみた。

横浜市営地下鉄ブルーラインをあざみ野~新百合ヶ丘で延伸する計画があります。なぜ延伸を必要とし、更なる北上を目指すのか。延伸計画地周辺をバスで巡りました。結論として、あざみ野側はバス天国(需要が大きい)。延伸後に一定の利用が見込まれます。
バス

【石垣島】川平公園までの路線バスでの行き方を解説

バスターミナルからは川平リゾート線で行けます。空港からは米原キャンプ場線で行けますが、本数少ないです。川平リゾート線で行き、乗っていったバスで帰ってくるプランでも、景色は楽しめます。1日フリーパスを使えば、お財布にやさしいバスの旅になります。
バス

茨城県で「らくがきされた路線バス」が走っている件

茨城県では車体に落書きをされた車両を見かけることがあります。これは「おえかきバス」というイベントで生まれたもの。きれいな車体にマジックで好き勝手に絵を描くことが許される機会です。お近くで同様のイベントがある時は立ち寄ってみましょう。
バス

【レンタカー不要】宮崎の日南海岸へ路線バスの旅【ワンコインパスで乗り放題】

レンタカーを利用せずに宮崎旅行を満喫。路線バスを利用して「こどものくに」と「道の駅フェニックス」に行きました。土休日ならワンコインパスで500円。サンメッセ日南まで行けない人も、道の駅まで行けば宮崎を感じて帰ることが出来ると思います。
バス

わざわざ飛行機で行く!イオンモール宮崎の旅【どこかにマイル】

どこかにマイルで当たった宮崎へ、2歳の娘を連れて旅行に出かけた記録。とっさに向かったイオンモール宮崎は、まさに遊びの宝庫。東京から行く価値アリのエンターテイメント豊富なスポットでした。トーマスステーションの閉店が痛手。
バス

【気仙沼線BRTとは!?】運行の様子と沿線の道の駅「大谷海岸」のご紹介

気仙沼線の気仙沼〜柳津間はJR東日本がBRT(バス)を運行しています。ほとんどの区間では気仙沼線の跡地を整備した専用道路を走行しますが、一部で国道に出ます。沿線にある道の駅「大谷海岸」にも停車。BRTの旅において貴重な補給ポイントです。
バス

【徒歩20分】天王洲アイルー品川間のアクセスまとめ。バスが便利、歩きもアリ。

天王洲アイル駅と品川駅の間を鉄道で行こうとすると遠回りになります。両駅間を直接結ぶバス路線[品96系統]があります。公共交通機関を使わなくても、歩いて20分くらいで着きます。実際に歩いてみた時の様子を写真付きでお届けします。
バス

東急バスの行先表示と車内放送をやりたい放題できるのが「電車とバスの博物館」最大の見どころ

「電車とバスの博物館」には、入館料のみでも十分楽しめる展示が充実しています。電車がメインと思われがちですが、その陰で「バスオタ悲願」の展示である「東急バスの行先表示と車内放送」を好き放題いじくれる展示があります。
バス

【水戸駅から240円】保和苑に行くなら茨城交通バス「栄町・茨大」行きへ。観光シーズンは無料バスも。

あじさいの名所「水戸・保和苑」にバスで行くなら水戸駅から「栄町・茨大」方面行きのバスに乗車しましょう。240円(Suica・PASMO不可)です。シーズンには観光漫遊バス(無料)が運行することがあるので要チェック。レトロバスに乗れるチャンス。
スポンサーリンク