【当日可】成田エクスプレスに安く乗る方法まとめ

スポンサーリンク
鉄道

首都圏と成田空港を結ぶアクセス列車の一つである成田エクスプレスは、A特急料金を適用されるため特急料金が高額になります。しかし、チケットレス特急券を購入することで割安にできます。また、JRE POINTを利用したチケットレス特急券であれば更にオトクに。NEX往復きっぷも健在です。東京ー成田空港を例に解説しました。

この記事では、
・成田エクスプレスが高い理由は?
・安く乗る方法はないの?
・JRE POINTで乗れるの?
・往復きっぷはないの?
こんな疑問に答えています。

スポンサーリンク

成田エクスプレスとは

成田エクスプレスは、東京近郊ー成田空港間を結ぶJR東日本の特急列車です。

首都圏最大規模の国際線需要を抱え、近年ではLCCの活躍も見られる成田空港へのアクセス列車として重宝されています。

基本的には東京駅から空港第2ビル駅までノンストップで結びますが、朝夕の一部便では途中駅にも停車し、千葉方面の着席通勤需要にも答えています。

ライバルは上野・日暮里ー成田空港間を結ぶ京成スカイライナー。

後述しますが成田エクスプレスは高額な特急の部類に入りますので、料金面では京成スカイライナーには太刀打ちできません(のちに否定します)。

また、時間も厳しい。成田エクスプレスは総武線経由で若干遠回りしながら運行されているのに対し、京成スカイライナーはほぼ一直線で、一部区間では在来線最速の160km/h運転されています。

では成田エクスプエレスの強みは?となるわけですが、ずばり

「きめ細かな輸送」

に尽きます。

京成スカイライナーの玄関口は基本的に上野・日暮里だけですが、成田エクスプレスは張り巡らされたJR線の路線網を活かし、東京はもちろん、品川・新宿・池袋・大宮・立川・八王子・武蔵小杉・横浜・大船など、挙げ始めるときりがないほど多くの駅で乗客を拾います

使い方によっては成田エクスプレスが便利なんですね。

成田エクスプレスは高額です

この記事を書いておきながら、私も成田エクスプレスには片手で数えられるほどしか乗っていません。

とにかく特急料金が高すぎるんですね。

たかが成田空港に行くだけですよ?

便利とはいえ、なんで特急料金に1,730円も払わないといけないの?

同じ金額で東京駅から茨城県の日立市まで行ってもお釣りが来るんですよ?

などと思ったりもしますが、なぜ高いのかというのは明確。

成田エクスプレスの特急料金計算には、最高級ランクであるA特急料金が適用されるからなんですね。

最も安く乗る方法

JRE POINTを利用しよう

成田エクスプレスに手っ取り早く安く乗る方法、結論を言ってしまうと、

えきねっとから「JRE POINTを使ったチケットレス特急券」を発券する。

これが縛りの少ない一番オトクな乗り方です。

このポイント交換によるチケットレス特急券は、常磐線・中央線・東海道線などに展開されている全車指定席の特急列車に適用されている割安な料金体系から、さらに値引きして設定されています。

これが通常料金が割高な成田エクスプレスにもそのまま適用されているため、非常にオトクな使い方となります。

A特急料金なんて知らんがな。

といった具合に、元の特急料金体系を全面的に無視して、乗車距離に応じたポイントを使うだけです。

営業キロ通常の
チケットレス特急券
JRE POINTの
チケットレス特急券
0-50キロ760円460ポイント
51-100キロ920円720ポイント
101-150キロ1480円1280ポイント

例えば東京ー成田空港ですと、JRE POINTを利用したチケットレス特急券は720ポイントで発券可能です。

通常は運賃に加えて1730円の特急料金が必要になりますので、どれだけオトクかお分かりいただけると思います。

JRE POINTを利用できない場合

もしJRE POINTをお持ちでない場合は、

えきねっとから「通常のチケットレス特急券」を発券する。

というのがいいかもしれませんが、この場合は通常の特急料金から200円引きになるだけなので、JRE POINTを利用する場合とは比べ物にならないほど、オトク度は下がります。

東京駅からの例ですと、運賃に加えて1530円が必要です。

通常料金との比較

上記の方法で発券する成田エクスプレスの特急料金を、主要駅ごとにまとめてみましたのでご参照ください。

乗車駅営業キロ通常の
特急料金
通常の
チケットレス
JRE POINTの
チケットレス
東京79.217301530720
横浜108.0239021901280
武蔵小杉96.017301530720
新宿86.317301530720
立川112.6239021901280
大宮(87.9)239021901280
下車駅は成田空港(第一ターミナル)で設定

どの駅から乗る場合であっても、例外なく「JRE POINTのチケットレス特急券」が最もオトクです。

大宮ー成田空港間の営業キロ(87.9)は東京近郊区間内の最短距離による計算結果であり、成田エクスプレスの走行経路と異なるため、特急料金との相関が取れません。特急料金は実際の乗車経路、運賃は最短経路で計算されます。

成田エクスプレスの特急料金は繁忙期は高く、閑散期は安くなります。

京成スカイライナーよりコスト面で有利に

ここで注目すべきは、東京ー成田空港間の料金が大幅に下がっているということ。

運賃1,340円と料金720ポイントで乗れるため、実質負担は2,060円相当です。

京成スカイライナーに上野ー成田空港で乗車すると2,520円なので…あっさり勝ってしまった。

これにはびっくりですね。

N’EX往復きっぷも健在です

N’EX往復きっぷは乗車当日の購入ができません。成田空港発の設定もありません。ご注意ください。

どうしてもえきねっとを使いたくない、という人には「N’EX往復きっぷ」があります。

こちらは「首都圏から」の「乗車券込み」の「往復きっぷ」なので、

  • JR線の利用開始駅に成田エクスプレスが停車する
  • 帰りも絶対に成田エクスプレスを利用する
  • 帰りも絶対に寄り道しない
  • 帰りも絶対に京成スカイライナーに浮気しない

こんな方であれば使ってもいいと思います。

ただし、購入は前日まで。当日は買うことができません。

さらに、駅の窓口では発売していません指定席券売機で購入する必要があります。

かなり縛りのきついきっぷなので私は使わないですが、それでも通常運賃+通常特急料金を支払って往復するよりは安いので、ご都合にマッチするのであれば活用できますね。

JR東日本の指定席券売機の前でこちらを開き、QRコードをかざせば簡単に購入できますのでご活用ください。

ご参考までに東京駅からの往復で比較した結果を下記します。

項目金額(1往復当たり)
通常のきっぷで往復6,140円
N’EX往復きっぷ5,030円
乗車券+JRE POINTで往復2,680円+1,440pt
(4,120円相当)

やはりJRE POINT利用には全く太刀打ちできていないことが分かりますが、えきねっとを通さずに買えるのはメリットです。

ちなみに東京発の発売額が5,030円、というのは、京成スカイライナー(往復5,040円)を思いっきり意識した結果でしょうね。笑

まとめ

コロナ後を見据え、成田エクスプレスに最も安く乗車する方法を検証し、以下の知見を得ました。

  • 成田エクスプレスはA特急料金が適用されるため高額
  • JRE POINTを利用したチケットレス特急券は常磐線・中央線・東海道線を基準に設定
  • 上記チケットレス特急券が、成田エクスプレスにも適用
  • N’EX往復きっぷよりも低いコストで乗車できる

JR東日本沿線に住んでいる方は、この機会に貯めこんだJRE POINTを使ってみましょう。JRE POINTを使っていない方も、N’EX往復きっぷの情報などをご活用いただければ嬉しいです。

えきねっと
>> こちら

JRE POINT
>> こちら

N’EX往復きっぷ
>> こちら

京成スカイライナー
>> こちら
※JR東日本の回し者ではありませんので、成田エクスプレスの敵にも構わず塩を送ります。日暮里から最速36分の京成スカイライナーも快適性高し。リンクを載せますので、複数の選択肢から賢く選んでくださいね。

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました