【慎重に選べ】こども用にはSuicaかPASMOか。1枚しか持てないのに全く異なる2枚です。

スポンサーリンク
鉄道

子どもが小学校に上がったり、未就学児でも指定席を確保する場合には、小児運賃が必要になります。その際にICカードがあると便利です。首都圏では「こども用Suica」と「こども用PASMO」がありますが、子ども1人に対して1枚しか発行できません。「どうせ同じ」と言われるSuicaとPASMO。確かに電車に乗るだけならどちらでもいいのですが、Suicaしか貯められないポイントや、PASMOしか買えないおトクなきっぷがあるので、慎重に選ぶべきです。茨城県在住の我が家はSuicaにしましたが、それが正解とは限りません。もう少し東京寄りに住んでいたらPASMOにしていたと思います。みなさんはどうしますか?一緒に考えましょう。

スポンサーリンク

SuicaとPASMOについて

通常のSuicaやPASMO

鉄道を利用するときに、タッチするだけで運賃の支払いができるICカードは大変便利なツール。2001年に首都圏でSuicaが導入されて以来、順調に適用範囲を広げてきました。

現在、首都圏の交通系ICカードはSuicaとPASMOの2強です。かつてはSuicaがJR線やごく一部の他社線だけで利用できる状況でしたが、かつてのパスネット(磁気カード)を置き換える形でPASMOが登場すると、JRと私鉄で相互利用が可能に。今ではJRなのか私鉄なのかを気にせずにタッチすれば残高から正しい運賃を引いてくれますので、日常的に鉄道を利用するだけの範囲内であれば、SuicaであろうとPASMOであろうと、気にする必要はありません。

厳密に言えば、JR線のみの定期券をICカードに乗せる場合はSuica、私鉄線のみの場合はPASMOということになりますが、連絡定期の場合は発行場所を選べば柔軟に選択することができます。

Suica発行のJR東日本「えきねっと」で買える新幹線eチケットは、紐づけ先をPASMOにすることができますし、PASMO発行のバス事業者が発売するIC定期券だってSuicaにも搭載可能です。

買い物だって、Suicaが使えてPASMOが使えないところはほとんどありません(私は知りません)。

つまり、SuicaとPASMOは”ほぼ”同じ

とりあえず今の段階では、上記の考え方で問題ありません。

こども用Suicaやこども用PASMO

SuicaやPASMOには「こども用」があります。小学生以下1)のこども運賃が適用される人が持てるICカードです。

1)主に小学生に対して発行されますが、未就学児に対しても発行することは可能です。大人に同伴される未就学児は無料ですが、座席指定を受ける場合は小児運賃が必要になるため、未就学児でも持っておくと便利です。

こども用Suicaなどを使うと、自動改札機にタッチした際に小児運賃が自動で引かれます。いちいち小児きっぷを買う必要がないため、大人と一緒にスムーズな移動ができるので大変便利です。

最近は新幹線にもICカードで乗車できる時代です。子どもだけ別行動(=磁気券を発行する)となると予約も煩雑になりますので、もはや鉄道移動する家族にとっては必携アイテムとなりつつあります。

しかし、ここで壁にぶち当たります。

画像内画面の出典:PASMO

こども用のICカードに関する注意点

発行には係員による身分証明が必要

大人用のICカードは駅の券売機で簡単に購入することができますが、こども用はそう簡単にはいきません。

こども用のICカードを使えば小児運賃で電車に乗れてしまいます。不正乗車を防止するため、中学生以上に発行するわけにはいきません。そのため、発行の際には身分証明を求められます。

マイナンバーカードや保険証などを駅に持参することで、初めて発行できます。

Suicaの場合はみどりの窓口、PASMOの場合は駅事務室などに出向き、有人窓口に行かないと買うことができません。最近では窓口が縮小し、営業時間も短縮傾向にありますので、早めに準備するのが吉。

まぁ、これくらいは大丈夫だと思うのですが、本記事のメインは次。

1枚しか発行できない

最大の注意点はこれ。

こども1人に対して1枚しか発行できません。

大切なのでもう一度言います。

こども1人に対して1枚しか発行できません。

こどもに対するICカード発行情報はSuica(JR)とPASMO(私鉄各社)で共有されていて、二重に発行することが許されないシステムになっています。つまり、それぞれ1枚ずつというわけにもいかず、SuicaかPASMOか、どちらか1枚しか発行できないのです。

でも「SuicaでもPASMOでもほとんど同じなんでしょ?」ということで、適当に選んじゃう人も多いです。基本的には、電車に乗るだけであればほとんど変わりませんのでどちらでもいいですが、何も考えずに軽い気持ちで選んじゃうと、あとで後悔することがあるかもしれません。

6歳にして、岐路に立たされています。

改めてSuicaとPASMOの違いを把握し、選択肢がないケースを確認したのちに、それぞれのカードを選ぶメリットを比べて正しく乗り切りましょう。

定期券を購入するケース(選択肢なし)を除けば、深刻な問題に発展することはありませんので安心して読み進めてください。

定期券を購入するなら選択肢なし

もし、JR線のみの定期券を購入する予定があるのであれば、Suicaにしなければなりません。

また、私鉄線のみの定期券を購入する予定があるのであれば、PASMOにしなければなりません。

JR線+私鉄線にまたがる場合であればSucaでもPASMOでも発行できます。ただし、購入する駅がJR線の場合はSuica、私鉄線の場合はPASMOとなりますので、ご自宅の最寄り駅の会社に合わせて選択するのが無難です。年中会社に通う大人とは違い、こどもには長期休みがあり、定期券を買わない時期も出てきます。再購入の際には自宅から買いに行くケースが多いと思いますので、上記のように記載しています。

こども用Suicaを選ぶメリット

SuicaはJR東日本が発行する交通系ICカード。老舗中の老舗。

SuicaはJR東日本が展開する「JRE POINT」との相性がよく、日々の鉄道利用や買い物でポイントが貯まっていきます。

JRE POINTの利用価値が上がっていて、1ポイント1円以上の価値を発揮することが多いです。

貯まったポイントはSuicaにチャージできるほか、各種アイテムに交換することが可能です。最近ではえきねっととの連携も強化されていて、割安なポイント数で新幹線eチケットや特急列車のチケットレス特急券にも交換できます。

残念ながら、子どもの場合はえきねっとでのポイント利用は不利です。通常であれば大人の半額なのに、ポイントだと大人と同額が必要になるためです。しかし、通常でも大人と同額の普通列車グリーン券に交換するのであれば有用です。

また、チャージの際に大人が持っているVIEWカードでクレジットチャージすることが可能です。そうすることで、VIEWカードでの決済額に応じて1.5%相当のJRE POINTが貯まります。

ごく一部ではありますがSuicaにのみ発券できる「のんびりホリデーSuicaパス」というきっぷもあります。エリア外に乗り越した場合も自動で精算してくれる優れものです。今後もこのような施策が増えていくものと考えられます。

いずれもPASMOに対してはチャージ・発売ができませんので、Suicaを選んだ場合のメリットとなります。

お子さまがマイナンバーカードをお持ちの場合、マイナポイントをお子さまのJRE POINT口座に入れることが可能です。この道を進む場合は、こども用Suicaが必要になります。お子さまのマイナポイントは親の口座で代わりに受け取ることは可能ですが、その場合は親が受け取ったサービスとは別のものを選ぶ必要があり、親子そろってJRE POINTを大量獲得することはできなくなります。

こども用PASMOを選ぶメリット

PASMOは株式会社パスモが発行する交通系ICカード。Suicaの陰に隠れているようなイメージを持っている人も多いですが、鉄道27事業者とバス78事業者が発行する、JR以外の「その他大勢」からなる巨大勢力です。

PASMOは私鉄各社が発行するクレジットカードとの相性が良く、一体型カードとしてオートチャージすることで各社のポイントが貯まります。ただ…こども用のクレジットカードというのはありませんので、この点は無視できます。

そうなるとPASMOは不利…のように見えますが、ここから本領発揮します。

私鉄各社では、PASMOにのみ発売するおトクなきっぷを出していて、それがどれも魅力的なんです。

例えば東急線では、東急線と東京メトロと都営地下鉄が全て乗り放題になるチケットを発売しています。東急線とみなとみらい線が乗り放題になるチケットもあります。しかし、これらには磁気券はなく、PASMO限定発売になっています。

京急でも、京急線と京急バスが24時間乗り放題で3000円というチケットを発売していますが、これもPASMO限定販売

上記のようなきっぷは今後も増え続けると考えられていて、PASMOを持つ人だけが享受できるメリットになります。

大人であればSuicaもPASMOも好きなだけ発行できますが、こどもは1枚だけ。

もしSuicaを発行してしまうと、PASMO限定のおトクなきっぷは利用できないことになります。

判断の基準

あとの判断はみなさまにお任せしますが…

どうしていいかわからない。どうすればいいんだと、叫びたくなる気持ちもよく分かったり分からなかったりします。そういう人に向けて、とりあえず私なりの判断基準を以下に示します。

各質問に答えてください。

質問判定根拠
JR東日本線のみの定期券を買う予定⇒ Suicaにすべきその定期はSuicaにしか発売できません
私鉄線のみの定期券を買う予定⇒ PASMOにすべきその定期はPASMOにしか発売できません
JR+私鉄にまたがる定期券を買う予定⇒ 自宅最寄り駅の会社が発行するICカードが好ましい定期券は自宅近くで買える方が便利です
JR東日本の在来線を繰り返し使う⇒ Suicaが好ましいJRE POINTがオトクに貯まります
親がVIEWカードでポイントを貯めている⇒ Suicaが好ましいVIEW ALTTEでチャージができます
東急線または京急線の沿線である⇒ PASMOが好ましいPASMOのみで買えるオトクなきっぷが充実
東京メトロをよく使う⇒ PASMOが好ましいメトポに登録ができるのはPASMOだけ

まとめ

こども用Suicaとこども用PASMOを比較し、以下の知見を得ました。1枚しか発行できませんので、最適なカードを選択しましょう。

  • SuicaもPASMOもほぼ同じ
  • JR線のみまたはJR線を含まない定期券を発行予定の場合は選択肢がなくなります
  • こども用SuicaでもJRE POINTは貯まります
  • こども用PASMOでのみ買えるオトクなきっぷがあります
  • 最適な1枚を選びましょう

JR東日本(Suicaの発行事業者)
>> こちら

PASMO
>> こちら

東急のおトクなきっぷ
>> こちら
PASMOでしか買えないきっぷがあります

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました