スポンサーリンク

わざわざ飛行機で行く!イオンモール宮崎の旅【どこかにマイル】

バス

JALのどこかにマイルで引き当てた宮崎。関東から飛行機で行ったのに、結局イオンモールに引きこもった話。

しかし、意外にも子どもに人気な設備がいっぱい!大満足で帰ってきました。

スポンサーリンク

どこかにマイルの申し込み

羽田空港から日本のどこかに6,000マイルで往復できる「どこかにマイル」に申し込みました。

これはJALが提供しているサービスで、希望の日時を入力すると、空席状況に応じて4つの行き先が表示され、その時点で申し込むかどうかを判断。申し込みをした後はJALが4つの中から勝手に行先を決めるというもの。

通常の半分以下のマイルでどこかに行けるという内容がヒット。しかも、行先が決まるまでのドキドキ感が半端ありません。

申し込みはこの旅行で5回目くらいで、何となく狙い通りのところに行ける感覚を掴んできた。具体的には、

  • 小さめの行き先3つ(いわゆる地方の空港)
  • 大型の行き先(毎時1便飛んでいるような行先)

上記の組み合わせで申し込めば、大抵は「大型の行き先」に決まるという、自分が編み出した勝手な傾向。

この技を使って、福岡、札幌、沖縄に飛びました。

しかし、今回表示された4つの行き先が【宮崎】【熊本】【高知】【長崎】という組み合わせ

これは分からない。

ということで、ノープランで申し込みをしました。

その結果、通知された行先が宮崎。家族そろって宮崎に行くことが決まった次第です。

当時2歳の娘を連れて行くということもあり、大人だけでなく子どもにも楽しんでもらわなければならないのですが、旅行ではこれがなかなか難しい。

子どもは近所の公園で十分楽しめますからね。

わざわざ負担のかかるような旅行に小さい子どもを連れて行かなくてもいいのでは?というのがネットでよく見るネットならではのご意見ですが、確かにそれも一理あるなとは思います。

旅の概要

とにかく無計画なのが私の悪いところ。当日まで宮崎のどこに行くのかは決まりませんでしたが、これを使うことだけは決まっていました。

ワンコインパスは、宮崎県内の特定地域内を500円で乗り放題となる、土休日限定のお得な乗車券です。
出展:宮崎交通ホームページ

宮崎市内のバスが1日乗り放題で500円。これは安いですよね。

しかも、全国のコンビニで事前に買うことが出来るので、宮崎空港に降り立ってから市内までの移動にも使える優れもの。

鉄道好きの読者の皆様。宮崎空港線を使わずにすみません。

宮崎へGO!

宮崎へひとっとび

羽田空港から宮崎まで、B737-800でひとっとび。

羽田空港でゆっくりしたあと、宮崎へ向かいます。

ちなみに今回はバス搭乗でした。ラッキー。

宮崎空港に到着すると、ベストなタイミングでやってきたバスがこちら。

本数が少ないのですが、宮崎空港から宮崎駅を通らずに、直接「シーガイア」まで行く路線バスです。途中、有料道路を通りますが、一般路線バスなので「一日乗車券」が使えます。

ということで、飛び乗りました。シーガイアに行くつもりだったのですが、

ほどなくして「イオンモール宮崎前」に到着し、飛び降ります。

イオンモール内にバス停が2か所あって、宮崎駅とのシャトルバスはモールのど真ん中「イオンモール宮崎」バス停につくのですが、空港ーシーガイア線は道路沿いに停車するので、大雨だとつらいかもしれません。

イオンモール宮崎で遊ぶ

無計画にイオンモール宮崎に来たわけですが、入ってすぐに気づき、そしてびっくりしたのは、遊び場所が豊富であるということ。

モール中央にあるのが「ひなたテラス」という遊び場。多くの家族が元気に遊んでいました。

しかも、この場所のすぐ横にフードコートがあるので、遊んで食べて遊んで飲んで遊ぶ。もうこれで半日終わります。

夜はライトアップされてきれいです。水が飛び出してくる仕掛けもあって、大はしゃぎです。

そのほか、イオンモール宮崎にはものすごい数の専門店(※数えようとして挫折した結果の記述)が入店していますので、遊び疲れたお子様はベビーカーにご乗車いただいて、大人が楽しむ時間です。

もちろんイオンスタイルも併設。ここで夜食やドリンクを買い込んでホテルに戻るといいと思います。お土産も売っていて、一通りそろいます。

トーマスで遊ぶ(閉店..)

そして、2020年5月までは、まだまだ楽しみがありました。

それがトーマスステーション。

トーマスの機関車に乗ったり、ハロルドのヘリコプターに乗ったり…とにかく子どもにとって楽しい遊び(大人にとってはお金がかかる..)がたくさんあったのですが、残念ながら

【トーマスステーション閉店のお知らせ】
出展:イオンモール宮崎公式ホームページ

このような運びとなりました。

確かに、新三郷のソレとは比べ物にならないほど空いていましたからね。

イオンモール宮崎と宮崎駅

ちなみにここは宮崎駅との間にシャトルバスが走っていて、もちろん一日乗車券をつかえます。

前述のように、モールのど真ん中から出発。こんな駐車場の中を路線バスが入ってくるというのは、なかなか見ものです。雨にもぬれずに駅に到着します。

ただし、駅でがっつり濡れます。笑

結論

イオンモール宮崎は、子ども連れでたっぷり遊べるレジャー施設でした。東京からわざわざ行く価値アリ(笑)。ただし、トーマスステーションが閉店してしまったのは相当な痛手。再び盛り上がってほしいなと期待しています。

>> イオンモール宮崎公式ホームページ

>> 楽天トラベルで宿を探す

タイトルとURLをコピーしました