【石垣島】川平公園までの路線バスでの行き方を解説

スポンサーリンク
バス

石垣島のガイドブックを開けば必ず見かける「あの写真」は川平公園から見た川平湾の様子です。川平公園は市街地からは離れているものの、路線バスが走っていますので、レンタカーがなくても比較的簡単に行くことができます。路線バスが24時間乗り放題で1,000円のオトクなきっぷもありますよ。

スポンサーリンク

川平湾とは

静かな海に浮かぶ船

このような写真、一度は見たことがあると思います。

ここは石垣島にある川平湾です。

この風景は、川平湾の上に整備された川平公園から見ることができます。

晴れていればきれいな海が映えて最高だとよく聞きますが、石垣島に4回渡航経験のある私が行くときはいつも曇り。それでも海は青く、あの風景をきれいに見ることが出来ます。

川平湾の場所

川平湾は、石垣島の西側で、市街地から30分程度(バスだと40分程度)の場所にあります。

鉄板の観光名所です

川平湾は石垣島を代表する観光名所。観光バスに乗り込めば、まず間違いなく連れて行ってくれる場所です。

そんなエリアを路線バスが見逃すわけがないですよね。

そうそう、ちゃんと路線バスでも行けますので、安心してください。

川平湾のアクセス

市街地(バスターミナル)から行く場合

川平湾へは、東運輸(バス)の「川平リゾート線」でアプローチすることができます。川平リゾート線に乗って川平公園で下車、徒歩数分です。

川平リゾート線は空港線ほど本数はありませんが、そのほかの地方路線と比較すると大目に運行されています。

予定に合わせて時刻表を見て「行けるかな?」って感じで大丈夫です。

川平公園バス停に到着した川平リゾート線

おそらく、運転士さんが降りるときに教えてくれますが…一応、降りた後の方向だけつかんでおきましょう。

下記の縦長の写真を見ていただくとよくわかりますが、降りたバス停からまっすぐ向かって正面にある森みたいな感じになっているところが川平公園です。

あの森の向こう側に川平湾が広がっていますよ。

バス停と公園の位置関係

現在は、バスターミナルを出発して川平公園を経由した後に川平エリアのホテルなどを巡り、再び川平公園に戻ってきてからバスターミナルに帰る、という運用が1日6本あります。

川平公園であの景色を一目見ればいいという感じであれば、行ったバスで帰ってくることも可能。時間にして22分間しかなく、少し慌ただしくなりますが、展望台から写真を撮って、さくっとお土産屋さんに立ち寄る程度の時間はあります。もったいないなんて思われるかもしれませんが、川平公園周辺は長時間過ごせるような場所ではないので、すぐに戻るのも賢い周り方の一例だと思います。

また、川平リゾート線以外でも川平公園に行くバスがありますので、これらもうまく使えば滞在時間を適度に伸ばせるかもしれませんね。

一方、川平公園からはガラスボートが出航していて、時間と予算に余裕があればぜひ乗ってほしいです。これに乗る場合は、行ったバスの次の便で帰ってくることになるかと思います。ただし船酔いする人は、ガラスばかり見ないように注意しましょう。酔ったらバスに乗るのも悲惨になりますので。

路線バスターミナル発川平公園着川平公園発バスターミナル着
川平リゾート線0615065607180805
吉原線0710080308030840
東回り一周線08520926
川平リゾート線0855093609581045
川平リゾート線0935101610381125
西回り伊原間線10451123
吉原線12531345
西回り伊原間線13371441
川平リゾート線1255133613581445
西回り一周線
(日曜祝日運休)
15101548
川平リゾート線1615165617181805
西回り一周線17351813
川平リゾート線1810185119132000

ちなみにこの路線、川平公園に向かう途中の景色もいいのでお薦めですよ。

空港から(まで)ダイレクトイン!

私は乗ったことがありませんが、空港から直接向かってしまう方法もあります

米原キャンプ場線という路線を使うのですが、本数がかなり少ないので使える人は限ります。時間があえばラッキー程度に構えて時刻表を見ましょう。

米原キャンプ場線はバスターミナルから川平公園を経由して石垣空港に向かう便なのですが、バスターミナルから川平公園までは川平リゾート線と比較して遠回りです。川平公園と石垣空港の間だけ利用するように計画しましょう。

空港から川平公園に向かう場合

石垣空港発川平公園着川平公園発バスターミナル着
1200124313041421
1500154316041721

こちらも本数が少ないのですが、航空機の到着時間と近い場合は利用できるかと思います。川平公園まで43分で着くので、市内に入ってから向かうよりも効率的です。

また、川平公園を楽しんだ後は、川平リゾート線などでバスターミナルまで行くのが近いです。

川平公園から空港に向かう場合

川平リゾート線で川平公園入りした後に空港に向かう場合は、川平公園→石垣空港で米原キャンプ場線を利用するのがおすすめです。

飛行機までの時間に余裕をもって利用しましょう。

バスターミナル発川平公園着川平公園発石垣空港着
0830094610071050
1130124613071350

オトクな乗車券について

石垣島のバスの運賃は安くはありませんが、安くて便利なきっぷがあります。

なかでも、空港ーバスターミナル間やバスターミナルー川平公園間の単純往復だけでモトがとれる1日フリーパスの利用がおすすめです。

購入時点から24時間有効1000円ですので、お昼過ぎに石垣島に入った場合でも有効に活用できると思います。1泊2日の弾丸トラベラーにも利用価値大です。

5日間乗り放題で2000円というきっぷもありますので、予定に合わせて選びましょう。

注意事項

日照時間を確認しましょう

石垣島は日本列島の中でもかなり西の方に位置しており、首都圏と比べて日の出が遅く、日の入りも遅いです。

よって、朝早く行き過ぎても日が昇っていない可能性があります。

逆に、夕方の便でも明るいうちに川平湾の景色を楽しめるかもしれません。

極稀にバスが遅れることがある

石垣島のバスはほとんど遅れることがありませんので、そこまで心配する必要はありません。

ただし、飛行機の時間が迫るような予定の組み方は、念のためやめておきましょう。

後ろの予定がタイトな場合はバスの便を前倒しにするなどの対策をすると安心です。

飛行機は普通に遅れる

バスはめったに遅れませんが、飛行機は当たり前のように遅延しています。

石垣空港から川平公園に向かおうとしている場合に問題が起きやすいのですが、飛行機が遅れてもバスは待ってくれません。

予定が大幅に狂う可能性がありますので、状況によって柔軟に動くことも楽しみましょう。

まとめ

川平公園にバスで行く人は比較的多く、運転士さんも慣れているので安心してください。

  • あの景色は、川平公園から楽しめます
  • 市街地(バスターミナル)から川平公園まで路線バスが走っています
  • 川平リゾート線が無難ですが、他の路線でも行けるルートがあります
  • 24時間乗り放題の「一日フリーパス」が便利でお得です

それでは楽しいバスの旅へお出かけください。

東運輸
>> こちら
本数の少ない地域へお出かけの際は、必ず最新の時刻表を確認するようにしてください。

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました