茨城県

スポンサーリンク
鉄道

【友部で接続】水戸線と常磐線の連携ダイヤ

水戸に最初に到達した鉄道は水戸線ですが、今では常磐線がメインとなっています。水戸線の多くは友部で折り返しとなりますが、ダイヤ上の工夫により、最低限の乗り継ぎ時間で水戸方面へアクセスできるようになっています。
鉄道

古河駅からバスで行く道の駅「まくらがの里こが」訪問記

東北本線唯一の茨城県内の駅「古河」を利用。駅からコミュニティバスでアクセス可能な道の駅「まくらがの里こが」に行ってきました。どんな雰囲気だったのか、子連れにはお勧めなのか説明します。古河駅の駅員さん力作のE231系もご紹介しています。
現地滞在

バスでも行ける「道の駅ひたちおおた」訪問記

国道349号線沿いで営業している道の駅「ひたちおおた」に行ってきました。竜神大吊橋などの観光資源がある常陸太田市へのベースキャンプに利用価値アリ。水郡線の太田支線を旅する鉄オタさんの補給にも使えますよ。
鉄道

【E501系10両の底力】空気輸送の評判を覆す!常磐線日立のラッシュで大活躍。引退後予想とともに。

E501系10両編成は、水戸ーいわき間をメインに活躍する通勤電車。「空気輸送」と言われることがありますが、はたしてその存在価値とは。水戸ー日立の通勤通学ラッシュに大活躍のE501系。遠い将来に引退したあとの常磐線予想も含めて解説します。
鉄道

【4時台】水戸線の始発列車に乗ってみた

勝田駅を早朝4時台に出発する、水戸線直通小山行きに乗車しました。早朝の水戸駅の様子や列車の乗車率・客層などをご紹介。小山駅から上野始発初電の東北本線へ接続があり、スムーズに接続できます。
バス

バスで行く【茨城県庁福利厚生棟アリーナ】大規模接種会場への交通案内

茨城県主催の大規模接種会場「茨城県庁福利厚生棟」へのアクセス方法をご案内します。バスで会場に向かってワクチンを打たれる方はご参考ください。
バス

【恐竜】茨城県自然博物館にバスで行く!おすすめの乗車券と注意点

茨城県自然博物館は鉄道のない坂東市に位置。定期運行のバスの本数は少ないですが、土休日限定で臨時の直通バスが運行。片道530円。1DAYパス利用で往復500円になるほか、団体料金で入館できるように。バス停から徒歩10分の覚悟が必要です。
現地滞在

【2021年夏】茨城県取手駅のスタバが大混雑した理由を鉄オタが解説【メロンのフラペチーノ】

2021年夏、JR常磐線取手駅に隣接するスタバアトレ取手店が大混雑。ドリンクの受け取り待機列が駅のコンコースまであふれ出していて、今は列車の待ち時間などに休憩用途で使うことは出来ませんでした。なぜそうなったのか、鉄オタが考察しています。
鉄道

【1駅】勝田から水戸までの特急乗車は合理的である理由

JR常磐線の普通列車でわずか1駅の勝田ー水戸間ですが、同区間で特急列車を利用することにより、目的地への到着が1時間近く早くなることがあります。特急料金は760円ですが、JRE POINT利用で460ポイントに。時間を有効活用しましょう。
バス

【笠原循環】水戸駅発の新路線、大型無印良品出店のヨークタウン水戸へアクセス大幅改善!

関鉄バスの全く新しい新路線「笠原循環線」が開設され、ヨークタウン水戸が出店する「米沢工業団地」へのアクセスが向上。うまく渋滞を避けるルートを取り、定時性を確保した新路線は1時間に1本程度運行。関鉄バス一日乗車券も利用可能。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました