茨城県

スポンサーリンク
鉄道

【TX延伸計画】候補先沿線のご紹介。土浦or茨城空港経由水戸の2択に。

秋葉原ーつくば間を結ぶつくばエクスプレスですが、茨城県内で延伸する計画が持ち上がっています。1)筑波山方面 2)土浦方面 3)茨城空港方面 4)水戸方面で試算をするようです。4つの候補先が示されている背景を現バス路線に着目して解説します。
鉄道

【1駅】勝田から水戸までの特急乗車は合理的である理由

JR常磐線の普通列車でわずか1駅の勝田ー水戸間ですが、同区間で特急列車を利用することにより、目的地への到着が1時間近く早くなることがあります。特急料金は760円ですが、JRE POINT利用で460ポイントに。時間を有効活用しましょう。
鉄道

常磐線特急「ひたち」(E657系)にベビーカーを持ち込むならこの座席がおすすめ

常磐線の特急ひたち・ときわに使われる車両E657系には、座席をうまく選べば、比較的大きなベビーカーであっても畳まずに車内に持ち込めます。ポイントは「最前列」。列車の進行方向と最前列の座席番号なども含め、ご紹介します。
鉄道

日立ー東京間の移動の考察【特急料金の節約がカギ】

日立と東京の間を行き来する際、最もコスパに優れる方法は東京ー常陸多賀または上野ー日立間で特急を使うこと。一方、東京ー日立で特急を使うと特急料金が660円跳ね上がります。駅から離れたところに行く場合は高速バスも一案です。
バス

勝田駅~国営ひたち海浜公園までの公共交通まとめ【便利なきっぷと周辺情報】

国営ひたち海浜公園の玄関口となるのはJR常磐線勝田駅。ここからの移動は茨城交通バスが便利。790円の一日フリーきっぷもあります。車内が混雑する上に渋滞することがあるので、定時性や快適性を求めるならひたちなか海浜鉄道の利用も選択肢となります。
鉄道

「赤電」にまつわる常磐線E531系の複雑な運用を優しく解説するよ

水戸線及び常磐線の水戸以北には赤帯のE531系が走っています。しばらくの間、都心へ向かうことはありませんdした。E531系は品川にも乗り入れるはずなのに、なぜこのような限定運用ができるのか、この機会にE531系の運用パターンを解説します。
道路

【遠回り】北関東自動車道が国道50号線から離れている理由は「宇都宮タッチ」のため。

北関東自動車道と国道50号線が並行していますが、小山付近において大きく北側に迂回する経路を取っています。北関東を横断したい利用者には不便なルートですが、そうなった理由は法律で定められた「宇都宮タッチ」。苦し紛れのタッチの様子を楽しもう。
道路

水郡線とバスでも行ける「道の駅ひたちおおた」訪問記

国道349号線沿いで営業している道の駅「ひたちおおた」に行ってきました。竜神大吊橋などの観光資源がある常陸太田市へのベースキャンプに利用価値アリ。水郡線の太田支線を旅する鉄オタさんの補給にも使えますよ。
道路

(国道50号)道の駅「グランテラス筑西」訪問記【バスでも行ける】

茨城県筑西市の国道50号線沿いにオープンしたグランテラス筑西を訪問。芝生が敷かれた広大な敷地でのびのび過ごせます。遊具もあるし、ご飯も美味しい。下館駅からコミュニティバスでアクセス可能(10分200円)。全国初の道の駅スタバも見逃せない。
道路

【道の駅かさま】友部駅から「かさま観光周遊バス」で100円7分!

国道355号線沿いにオープンしている道の駅「かさま」。どうしても公共交通機関で行きたいのであれば、笠間駅または友部駅からバスを利用することが可能です。同施設沿いには水戸線が走っていますが全列車通過です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました