茨城県

スポンサーリンク
鉄道

【友部で接続】水戸線と常磐線の連携ダイヤ

水戸に最初に到達した鉄道は水戸線ですが、今では常磐線がメインとなっています。水戸線の多くは友部で折り返しとなりますが、ダイヤ上の工夫により、最低限の乗り継ぎ時間で水戸方面へアクセスできるようになっています。
鉄道

古河駅からバスで行く道の駅「まくらがの里こが」訪問記

東北本線唯一の茨城県内の駅「古河」を利用。駅からコミュニティバスでアクセス可能な道の駅「まくらがの里こが」に行ってきました。どんな雰囲気だったのか、子連れにはお勧めなのか説明します。古河駅の駅員さん力作のE231系もご紹介しています。
バス

【笠原循環】水戸駅発の新路線、大型無印良品出店のヨークタウン水戸へアクセス大幅改善!

関鉄バスの全く新しい新路線「笠原循環線」が開設され、ヨークタウン水戸が出店する「米沢工業団地」へのアクセスが向上。うまく渋滞を避けるルートを取り、定時性を確保した新路線は1時間に1本程度運行。関鉄バス一日乗車券も利用可能。
鉄道

水戸ー仙台間の移動に関する考察

常磐線が全線再開したことで、水戸ー仙台間の鉄道移動が再び便利になりました。しかし、新幹線や高速バスを使った方法も健在です。当ページでは、両都市間の移動に使える6つのルートを紹介しています。
遊園地

臨時快速「わくわく舞浜号」グリーン車で東京ディズニーランドに行ってきた!

わくわく舞浜号は、茨城県民の日に運転される、常磐線沿線と京葉線舞浜駅を乗り換えなしでアクセスする臨時快速列車です。平日のパークへラッシュを避けて行ける利用価値の高い列車です。グリーン席ならさらに快適ですが、鉄道ファンに人気で取りにくいです。
鉄道

消えゆく行先表示【水郡線袋田行き】

一部区間で不通となっている水郡線。2021年3月下旬に全線での運転を再開します。一時的に見ることが出来る袋田行きの表示を記録に残しておきます。
バス

常磐線の事故で本気を出したJRバス関東

2021年3月26日に発生した常磐線の脱線事故。利用者を助けたのは高速バス「みと号」でした。特にJRバス関東は、自社が持つ車両の中で最大級の2階建てバスを臨時便として連発し、長く伸びた待機列を一気に解消。水戸ー東京間の輸送を支えました。
鉄道

水郡線が全線で運転再開、水戸駅のようす

2019年10月の台風で甚大な被害を受けた水郡線。1年半もの間、袋田~常陸大子間で運行できない状態が続いていましたが、2021年3月27日に全線で運転を再開しました。初日の乗車は控えましたが、水戸駅の様子を撮影しましたのでお送りします。
鉄道

水戸線の運行障害時には岩瀬行きや笠間行きが登場、運転再開までの流れや、代替ルートなど

水戸線が止まると、基本的にはそのトラブルが解決するまで動きません。しかし、復旧に長時間かかると見込まれる場合は、途中駅での折り返し運転が始まります。バスでの代行輸送が行われることもありますので、翌日まで置き去りにされるようなことは滅多にありません。
バス

【関鉄バス】赤塚駅アクセスに新路線。千波湖にも直通の「オメガライン」に乗車

茨城県内を走る関鉄バス。つい最近まで全く乗り入れのなかった赤塚駅への路線を充実。大山台住宅線を延伸し「オメガライン」が誕生。同駅から千波方面へのアクセスが大幅に向上。一日乗車券の利用にも便利です。水都東線とともに地域の足として活躍します。
スポンサーリンク