新青森駅レポート。「何もない」は言い過ぎ、少し歩けば「はま寿司」があるじゃないか。

スポンサーリンク
鉄道

2010年に開業した新青森駅に11年ぶりに訪問。依然として何もない発展途上な状態が続いていますが、駅至近にホテルができるなど、着実に発展中。2021年5月に立ち寄った際の新青森駅構内と周辺の様子をレポートします。

スポンサーリンク

新青森駅の状況

新青森駅は、JR奥羽本線の途中駅として開業し、2010年の東北新幹線延伸により大躍進した青森県の新幹線駅です。北海道新幹線が開業するまでは、青函トンネルを通過する特急列車の始発駅として機能しました。

年月は過ぎ、2016年には北海道新幹線が新函館北斗駅まで開業。新青森駅は途中駅となり、新幹線の乗降客数も減少に転じました。追い討ちをかけるように新型コロナウイルスの影響を受け、今は悲惨な状況が続いていますが、在来線の利用者は学生を中心に好調に見受けられます。

開業した日に訪れましたので、詳しくは下記をご参照いただきたいのですが、今回新青森駅を利用したのはその日以来です。

構内にカフェ「ドトール」入店!

駅構内1Fにはおみやげやさんが入っていて、開業当初から継続して営業しています。でも、利用者が求めているのはそれだけじゃないんですよね。

と思っていたら、ドトールが入店していました。待合所直結です。

これは便利ですね。新幹線と在来線との乗り継ぎにおける待ち時間のほか、新幹線に持ち込むドリンクも調達できます。ありがたい。

駅周辺のようす

東横インがそびえたつ!

駅周辺には相変わらず何もありませんでしたが、開業当初から増えているものを見つけました。

東横イン新青森駅前です。位置関係が分かるように遠めから撮影しましたが、これはビジネスマンにとっては嬉しいですね。青森駅周辺のホテルは駅から離れているところも多いのですが、こちらは新幹線駅の目の前ですから、使い方次第でかなり便利になります。

新幹線で到着後、翌日にフェリーに乗って北海道に渡る物好きにもいいかもしれませんね。

駅の南口に向かってみます。

はま寿司がある!

駅の南口を出て突き当たりの道路を左折すると、徒歩6-7分程度ではま寿司が見えてきます。途方にくれてしまったら利用してみてください。ファミリーマートのすぐ横です。

全国チェーンの「はま寿司」ですが、この店舗にもテーブル席のほかにカウンター席がありますので、一人旅の途中でも気軽に使うことが出来ますよ。

青森駅までのアクセス状況

在来線で1駅190円

新青森駅は青森駅の西に位置しています。青函トンネル方面に延伸するため、港に向かって行き止まりの青森駅に新幹線が乗り入れることはできませんでした。

しかし、青森駅までは在来線(奥羽本線)で1駅でアクセス可能。奥羽本線は本数が多くはありませんでしたが、極端に間隔が空いてしまう時間帯には、青森ー新青森ー津軽新城駅間の区間運転が実施されるなど、在来線も健闘しています。

特急やリゾートしらかみも利用可能

新青森ー青森間のみ、特急列車自由席やリゾートしらかみ(全席指定ですが空席を利用可能;立席利用と言います)が利用できる特例は健在。わずか6分程度の乗車ですが、本数が少ないので助かりますね。

ただ、開業当時に比べて新青森ー青森間を走る特急が激減しています。以前は北海道の玄関口として機能しており、新青森発函館行きの特急列車が頻発していましたが、北海道新幹線が開業した今では函館行きの特急列車が全部無くなったためです。

リクライニングシートの車両で残されているのは特急つがると快速リゾートしらかみのみ。どうしても乗りたいならこちらから狙っていくしかありませんね。

私は前述の「はま寿司」で時間を潰してから特急「つがる」に乗車しました。6分だけですが楽しいです。

何もないのは新青森だけではない

さて、ここまで何度も「何もない」と連呼してきましたし、多くの人もそう言っています。しかしこれは新青森駅に限ったことではありません。

「新幹線停車駅」というだけでなぜか期待値が上がってしまうのが乗客の心理ですが、基本的に田舎の新幹線駅には「何もないのが普通」だと思った方が良いです。

新函館北斗駅、奥津軽いまべつ駅、七戸十和田駅、黒部宇奈月温泉駅など、私が利用したことのある地方部の新幹線駅の駅周辺は、だいたい何もありませんでした。市内中心駅でない限り、期待する方が間違えています。

お手柔らかにお願い致します。

おまけ)凄すぎる車両捌き!?

新幹線の発車案内を見ると違和感を覚えます。写真だと見えにくいかもしれませんが…

新幹線ホーム14番線から「はやぶさ29号」が新函館北斗へ発車するのが17:43。

一方、同じ14番線から「はやぶさ42号」が東京に向けて発車するのが17:44。

いや~、1分間隔で発車できるなんて素晴らしいですね。

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました