常磐線

スポンサーリンク
バス

【上り専用】水戸から東京までの最安な移動方法はこれです【つくば経由】

水戸駅から東京駅までは常磐線利用で乗り換えなしですが、鉄道が高いという人には高速バスがおすすめ。2,000円(IC運賃割引)で到達可能。ただし【上りに限り】TMライナー利用つくばセンター経由のルートが最も安いです。詳しく解説します。
鉄道

「赤電」にまつわる常磐線E531系の複雑な運用を優しく解説するよ

水戸線及び常磐線の水戸以北には赤帯のE531系が走っています。しばらくの間、都心へ向かうことはありませんでした。E531系は品川にも乗り入れるはずなのに、なぜこのような限定運用ができるのか、この機会にE531系の運用パターンを解説します。
鉄道

【特急券分割購入】首都圏の在来線特急では料金節約が簡単です(JRE POINT活用)

JRE POINT特急券を活用して分割購入すると、特急料金が安くなることがあります。特に100キロ以上の乗車を考えている方は、詳細をご確認いただき、オトクな特急の旅をお楽しみください。
鉄道

【値上げ!?】臨時列車の特急化が進んでいますが、乗車のメリットもあります。安く乗るコツも紹介。

JR東日本を中心に、期間限定で運転される臨時快速列車の特急化が進んでいます。最も影響を受けるのは青春18きっぷなどを使って旅行をする客層。実際にどれくらい上がるのかを試算。最近では特急らしい速度を出して走るケースも増えてきています。
鉄道

なぜ常磐線や中央線の臨時特急はマラソン大会の名称を堂々と名乗れないのか?

マラソン大会に伴う臨時特急列車。その一部は堂々と大会名称を名乗れない事情があります。キーワードは「全車指定特急の特例特急料金」で、指定された列車名でないと高額になります。旅客営業規則125条をもとに、列車名にまつわる複雑な事情を解説します。
鉄道

常磐線「終点まであと1つなのに」長時間停車するのは特急誘導目的なのか!?

終点の1駅手前で特急退避。普通に考えれば終点まで逃げ切れるはずなのに、なぜそれをせずに中途半端な駅で長時間停車するのか。単純に考えると「特急誘導のための嫌がらせ」ですが、実はそうではない切実な事情があるのです。
鉄道

【代替経路案内】JR常磐線(水戸ー土浦)が止まったとき【水戸から脱出用】

JR常磐線(水戸ー土浦間)に運行障害が発生した場合の代替ルート考察です。東京、つくば、土浦、石岡、友部、内原、赤塚へは乗り換えなしの代替ルートが存在します。
鉄道

【天気で比較】窓がない「風っこ」車内のようす。雨天時や夜間走行は楽しめるのか。

「びゅうコースター風っこ」は、晴れの日に乗れば開放的な旅を楽しめますが、雨が降ってしまった場合はカーテンが下ろされ、爽快感はなくなります。晴天運行と雨天運行の比較をしていますので、ご参考ください。夜の風っこの様子もお伝えします。
鉄道

JR東日本の臨時列車は特急料金が高額になる理由

各地で走る臨時特急は、定期列車に比べて特急料金が高額になることがあります。これは列車名が「ひたち」や「ときわ」ではなく、安価な特例の料金体系が適用されないためです。特急「あたみ」を具体例に、特急料金の仕組みから分かりやすく解説しています。
鉄道

【謎運用】我孫子始発高萩行き(常磐線)はなぜ走るのか。

JR常磐線には1日1本だけ、我孫子始発高萩行きが走っています。通常であれば上野から運行するはずの常磐線の中距離電車が上野ー我孫子間の運行を放棄して中途半端な区間のみ運行。勝田以北を下る朝の常磐線普通列車としては貴重なグリーン車連結の列車です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました