日立駅のガラス張り駅舎から日の出を見よう

スポンサーリンク
鉄道

太平洋に面する常磐線日立駅では駅舎から日の出を拝めます。日立駅はガラス張りの駅舎なので、寒さをしのいで拝めますよ。写真を撮りたいなら外がおすすめ。電車での日の出前の当日入りは難易度が高く、水戸以北に住む人の特権です。首都圏の人は水戸・勝田・日立周辺に宿を取りましょう。おすすめホテルもご紹介しますよ。
初日の出を見ようと当ブログへお越しの方へ、よいお年をお迎えくださいませ。

スポンサーリンク

日立駅まで日の出を見に行きました

2021年1月11日、10日遅れの初日の出を見るために、日立駅に向かいました。

本当は元旦に行きたかったのですが、2021年の幕開けは新型コロナの影響を無視できず、密を避けるために仕方なく10日遅れになりました。

初日の出を見ようと思っている人も、この記事と時間軸はほとんど変わりませんのでご参考ください。

はじめに基礎知識として日立駅に関して書いておき、その後、見に行ったときの記録を記載します。

日立駅基礎知識

日立駅の場所

日立駅は太平洋に面する茨城県日立市にあるJR常磐線の駅で、駅舎も海に面しています。

のどかだな~と思った人。日立の本気のラッシュを知りませんね?

地獄ですよ、地獄。

日立駅の駅舎

そんな通勤路線を支える日立駅は2011年にリニューアル。ガラス張りの現駅舎が完成し、海に近い駅として有名になりました。

駅構内には海に面したカフェも併設されており、開店以来人気が続いています。

海に近い駅を挙げ始めたらきりがありませんが、この日立駅は「自分の立ち位置」がよくわかっています。

日立の海の魅力を最大限、駅構内に取り込んでいます。

好きな駅を1つ挙げてくださいと言われたら、私は日立駅を推しますね。

日立駅の構造

日立駅は2面3線の地上駅ですが、改札口は2階にある橋上駅舎となっています。

この2階部分のうち、海に向かって突き出ている部分から見るのが一般的です。

日立駅到達方法

日立駅へはJR常磐線が利用できます。

しかし、日の出を見る場合はかなり早い時間帯になりますので、水戸方面から特急ひたち号で到達することはできません

少なくとも水戸06:10発の電車に乗らなければならないため、到達は水戸以北に限られます

赤塚以南ですと、始発列車に乗っても水戸駅に着くのが06:43なので、間に合わないんですね…

なので、首都圏の人は前泊してください。この記事の最後に水戸・日立界隈のおすすめホテルを紹介しておきます。

日立駅まで行ってきた

この日の日立駅からの日の出は06:50頃でした。

繰り返しになりますが、水戸以北であればこの時間に間に合う列車があります。

水戸0610発いわき行き

水戸駅を06:10に出発するいわき行きの列車に乗れば、日の出に間に合います。

誰もいない水戸駅

この列車はE531系5両編成のボックスシート付き車両で運転されます。今はE501系のオールロングシート車両で運転されています。

水戸駅はほとんど人がおらず、同じ車両にも水戸駅発車時点で私含めて2人。

このまま空いた状態かと思いきや、北に向かうにつれて人が増えていきました。

E531系電車で運転される場合はボックスシートがありますがE501系の場合はロングシートです

久慈川の景色

東海ー大甕間で大きい川を渡ります。ここでも日の出を拝むことができますが、電車は止まらないので。

この時点で雲がありましたが、せっかく早起きしたので突き進みます。

日立駅では

日立駅に到着し、海に向かって突き出た部分に向かおうとすると既に先客が。

この日は10人くらい、日の出を見るために集まっていました。

初日の出でもないのにこの人出はさすがですね。

いや、普通にすごくないですか?駅にわざわざ人が集まってるんですよ。

日の出の時間

雲に邪魔されて水平線からの日の出とはなりませんでしたが、雲の隙間から上がってきた太陽はきれいです。

雲は毎日形を変えるので、それはそれでOKという考え方もありますね。

外からも見れます

エスカレーターを降りて海岸口を出れば、外から見ることもできます。

写真を撮るならガラス越しよりもこちらの方がいいでしょう。

ここから見ている人も数人。

ただし、寒いです。

お店は開いてない

駅の周りの飲食店は、朝早くには開店しておりません。

駅の中のコンビニ「NEWDAYS」は朝早くから開いていますので利用できそうです。NEWDAYSが開いてないときは、中央口を出ればLAWSONがあります。

平日であれば、朝7時からイトーヨーカドー横のドトールが開いていますが、元旦は閉まっていると思います。

なお、イトーヨーカドーは2022年1月に閉店となります。

帰りの電車は豊富

日の出を見終わった頃は、日立駅は通勤通学ラッシュの時間を迎えますので、電車の本数は多くなります。

JR常磐線は、平日と土休日とでほとんど時刻が変わりませんので、土休日の場合は混雑に巻き込まれることもありません。一方、平日の場合はかなり混み合いますのである程度の覚悟が必要です。

この時間の上り列車には普通列車グリーン車が連結されているダイヤもありますので、積極的に活用してくださいね。

まとめ

太平洋に面する常磐線日立駅では駅舎から日の出を拝めます。ガラス張りの駅舎なので、寒さをしのいで拝めます。写真を撮りたいなら海岸口を出た先での撮影がおすすめ。

電車での当日入りは水戸以北に住むか、宿泊した人の特権です。

寒い日が続きますが、日の出を見た代わりに風邪などひかれませんよう、お体に気を付けてお過ごしください。

おすすめホテルはこんな感じ。ご参考ください。

>> ホテルテラスザスクエア日立
日立駅からすぐに立地するホテルです。ビジネスホテルよりはハイクラスなので少しお高めですが、利便性に優れますのでお勧めです。日立のフジテレビこと「シビックセンター」も目の前です。私も日立方面への出張時に泊まったことがあります。昔は日航系列だった施設です。

>> 東横イン日立駅前
どこに泊まっても部屋の中が同じという安心感。安定の東横インが日立駅前にもあります。日立駅のロータリーに面しています。私は泊まったことはありませんが、どうせあれですよ、東横インですから。泊まった経験なくても安心して勧められますわ。笑

>> アパホテル水戸駅北
普通のアパホテルですが、朝食会場となる「ビストロエンドウ」は美味。泊まるなら朝食付きでの利用がおすすめです。水戸にはアパホテル水戸駅前もありますが、本記事では水戸駅北をおすすめしています。駅から徒歩10分。GoToトラベルキャンペーン展開時に何度も泊まりました。

>> ドーミーイン水戸
天然温泉に浸かれる大浴場がウリのビジネスホテルです。大浴場が最上階にありますので、水戸の町並みを一望できます。信頼のドーミーイン系列なので快適に過ごせますよ。駅から徒歩10分。ローソンが目の前にありますが、道路を横断するのに遠回りしなければならないのが唯一痛い点です。

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました