宮城県

スポンサーリンク
鉄道

仙石東北ラインの車両紹介、接続線は一時停止なしに。電化区間を走る気動車に乗車

2021年に仙石東北ラインに石巻ー仙台間で乗車。仙石東北ラインは電源の異なる線区を跨ぐため、ハイブリット車両(HB-E210系)が使われています。システム改修により2018年から仙石線と東北本線を跨ぐ際の一時停止は廃止になっています。
鉄道

【2021年】ポケモントレイン気仙沼号に乗車、指定席の取り方と注意点

コロナ禍においても、ポケモントレイン気仙沼号は土休日の運転を継続。座席数が限られる上、時期によっては利用が集中するため指定席も取りにくい。予約の取り方のコツと、乳幼児連れの際の注意点、運用上の変更点(プレイルーム2部制)などをご紹介。
バス

気仙沼線BRTは道の駅にも乗り入れる!貴重なランチスポット「大谷海岸駅」を紹介

気仙沼線の気仙沼〜柳津間はJR東日本がBRT(バス)を運行しています。ほとんどの区間では気仙沼線の跡地を整備した専用道路を走行しますが、一部で国道に出ます。沿線にある道の駅「大谷海岸」にも停車。BRTの旅において貴重な補給ポイントです。
鉄道

【特急ひたちの窓枠】常磐線特急E657系の景色がいい席の見分け方【海側はA席】

特急ひたちに使用されるE657系には2列1セットの窓が使われています。本ページでは窓枠の席の見分け方を書いていますのでご参考ください。偶数席・奇数席などの観点では判断できませんので注意してください。ちなみに海側はA席です。
鉄道

東北本線利府支線に乗ると新幹線車両基地が見えるよ。イオンモール新利府アクセスにも利用価値あり

東北本線の利府支線に乗りました。新幹線を間近に見ることが出来るので、家族で乗っても大興奮の4.2km。歴史を紐解くと興味深いこの支線は、終点の利府からイオンモール新利府へのアクセスが可能。今となって存在価値を増しています。
鉄道

【乗務員体調不良】常磐線、プロ意識高い適切な判断と、当該列車のその後。

2021年5月17日、JR常磐線の小木津ー日立間を運転中の乗務員さんが体調不良となり、一部列車が運休となりました。その時に現場に居合わせたので、状況をレポートします。その乗務員さんの適切な判断により、他の列車の遅延は最小限に抑えられました。
鉄道

仙台駅から仙石線で1駅、あおば通駅はクリスロード商店街が近い!

仙石線の終着駅「あおば通駅」は仙台駅西口から400m程度の場所に位置し、地下鉄への乗り換えに便利。西口中心部へアクセスするにも便利で、クリスロード商店街へ駅前の人混みを避けたショートカットができます。仙台市内発着乗車券なら追加料金不要です。
鉄道

常磐線特急「ひたち」(E657系)にベビーカーを持ち込むならこの座席がおすすめ

常磐線の特急ひたち・ときわに使われる車両E657系には、座席をうまく選べば、比較的大きなベビーカーであっても畳まずに車内に持ち込めます。ポイントは「最前列」。列車の進行方向と最前列の座席番号なども含め、ご紹介します。
鉄道

E657系の6号車2番席はアタリ席?ハズレ席?【特急ひたち】

常磐線の特急「ひたち」に使われるE657系には車いすスペースがあり、横1席のみとなっています。そのすぐ後方の席(6号車2番席)は、前が1席のみのため開放感がありますが、テーブルが小さい、コンセントの位置が異なるなどのデメリットも目立ちます。
鉄道

震災から復活した特急ひたち、地震で損傷の新幹線を全力でバックアップ!

震災から復活した常磐線が、別の地震で被害を受けた東北新幹線の代役として大活躍しています。東北新幹線が不通の間の特急「ひたち」の奮闘を、全線再開時の思い出とともに記録します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました