スポンサーリンク

E657系の6号車2番席はアタリ席?ハズレ席?【特急ひたち】

鉄道

常磐線の特急列車(E657系)には車いすスペースが設けられていて、1席のみの独立席となっています(6号車1番)。この席は通常ブロックされていますが、すぐ後ろの6号車2番席は指定できることもあります。品川方面行の場合、前の席が1席しかないので、足を延ばして開放的に過ごせるかと思いきや、デメリットも目立ちます。PC使いたい人は絶対にNGです。

この記事では、品川方面に向かう列車に乗車する(6号車2番席の前方に1番席がある)場合を想定して記載しています。

スポンサーリンク

E657系とは

E657系はJR常磐線を走る特急列車に使用される車両形式です。特急「ひたち」や「ときわ」と聞いた方がピンとくるかもしれません。

2012年3月に営業運転を開始。当時の東日本管内では桁違いの快適性で話題を呼んだ在来線特急は、その後も全車指定化とチケットレス特急券導入の先駆けとして活躍し、首都圏特急の礎を築きました。

主に水戸・日立地区への出張需要や福島方面の観光需要に応えることを基本とし、都市部の通勤の足としても活躍。全線再開を果たした常磐線を走破する異例のダイヤ改正を経て、新幹線不通の際に首都圏と東北とのバイパス路線として力を発揮しました。

車内について

車内に入るとこんな感じ。

普通車で十分快適な車内。白と黒で落ち着いた座席が整然と並んでいます。

すべての座席にコンセントがついています。

6号車2番席

乗ってみた

ここからが本題ですが、6号車の品川寄りに変わった座席配置があります。通常2席並びの座席が、6号車1番だけ1席となっています。

ここは車いすを利用される方が座席に横に配置できるように考えられた場所です。必要な方に優先してご利用いただくため、通常はブロックされており、えきねっとなどから座席指定することは出来ないことが多いです。

この席の一つ後方、6号車2番席もブロックされることがありますが、私が利用した際には指定可能でしたので、利用してみました。

余談ですが、チケットレスのキャンペーン中であれば+460円から特急を利用できるので気楽に飛び乗れます。

まずはメリット

6号車2番席から斜めに目線を向けるとこんな感じです。

開放感ありますね。

ただし、メリットはこれくらい。

選ぶデメリット

目立つ

開放感があるということは、周りからもよく見えるということ。この座席の前方にはトイレもあるので人の動きは活発です。

1番席に人がいなければ足も思い切り伸ばせますが、飛行機と違ってシートピッチは広く、通常席でも足は伸ばせます。どちらかというと「投げ出す」に近いので、端から見て好ましくない感じ。

特に通路側の席は落ち着かないでしょう。

テーブルがない

PCでも開こうかなと思って前を見ると…

あれ!?テーブルがない!ということに気づきます。

本当にないのか探してみると、ありました。ひじ掛けの横に。

出してみた結果がこちら。

いまいちサイズ感が伝わらないので、いつものドリンクを載せてみました。

当然、PCを載せることが出来ません。

コンセントの位置が異なる

通常はひじ掛けの先端に電源コンセントが付いているのですが、このテーブルを取り付けたせいで潰れてしまっています。

しかし、ちゃんとコンセントは装備されていました。ここに。

ひじ掛けの下あたりの、ホコリが溜まりそうなところです。

電源には困らないかもしれませんが、テーブルには確実に困ります。上り方面の列車で6号車2番席を指定する場合は、十分注意してください。

補足ですが、いつものドリンクはサブスクで引き換えたものです。

おまけ)下りの場合

本記事は上り列車にフォーカスして書きましたが、下り列車の場合は事情が変わりそうです。

6号車1番席はブロックされていることが多く、すなわち人がいないことが多いため、リクライニングを気兼ねなく倒せる。

前方の座席にテーブルが付いているうえ、自分の座席のひじ掛けにも小さいテーブルが付いているので、ダブルテーブルで過ごせる。

ついでに進行方向に太い窓枠がない。

これらはメリットになるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました