東北本線利府支線に乗ると新幹線車両基地が見えるよ。イオンモール新利府アクセスにも利用価値あり

スポンサーリンク
鉄道

東北本線の支線に乗り、利府に行きました。終点の利府からはイオンモール新利府へのアクセスが可能です。新幹線を間近に見ることが出来るので、家族で乗っても大興奮の4.2kmです。

スポンサーリンク

東北本線の利府支線とは

東京から青森までを結ぶ鉄路の大動脈・東北本線。

新幹線の開業により一部区間はJRから離れるなどの変化もありましたが、貨物を含めた日本を代表する重要な路線であることは今も昔も変わりなく続いています。

そんな東北本線の途中にある大都市の仙台から少し北に行ったところに、不自然な支線があります。

途中の岩切駅から「東北本線と分かれる東北本線」が利府駅まで通っているのが分かります。

これが今回乗車した「利府支線」と呼ばれる全長4.2kmの路線です。

利府支線の歴史

ざっくりと歴史を説明します。

もともと、仙台駅から一ノ関駅に通じる東北本線は、利府駅を経由するルートで結ばれていました。しかし、このルート上には急勾配が存在し、難所となっていました。特に多くの貨物を引っ張る機関車にとっては最難関の区間で、天候によっては運転に支障が生じることもしばしばあったようです。

この状況を打開すべく、海側の現ルートを新設。大動脈の機能は海側に移行し、のちに利府ルートは廃止となりました。

しかし、地元の存続に対する要請が強く、利府までの需要も見込まれたことから、岩切ー利府間は廃線を免れ、ルート変更(1962年)から長い年月が経った今でも営業が継続されています。

東北新幹線の車両基地が近くにでき、社員の通勤の足としても利用するため、途中に新利府駅が開業。利府支線の存在価値はルート変更時よりもむしろ高くなっています。

利府支線に乗ってみた

仙台に用事があり、特急ひたちで到着。用事に向かう前に時間があったので、仙台駅で改札を出ることなく利府駅に向かうことにしました。

着駅は仙台(市内)となるのが在来線特急トク50のいいところです。仙台市内の端の駅・岩切駅まで有効となり、岩切ー利府間の190円を下車時に精算することになります。

ちなみに岩切駅では改札口のあるこ線橋を通って乗換になるので、下車時の精算が面倒なら岩切駅で下車し、Suicaで入り直すといいですよ。

こうすれば1円オトク。189円になります。

電車が走り出すとまもなく新幹線車両基地のすぐ横に至ります。当然、線路は繋がっていませんが、在来線の車両が新幹線の真横を長らく通過する光景は、なかなか体験できないのではないでしょうか。

娘(5)も大好きな恐竜の絵本を投げ出して新幹線にくぎ付けでした。

イオンモール新利府へのアクセス

利府支線には「イオンモール新利府」へのアクセス路線としての役割があります。

実は土休日限定で、イオンモールへのアクセス向上を目的とした岩切ー利府間ノンストップの臨時快速が設定されています。すごいですよね。まぁノンストップと言っても飛ばすのは新利府だけなんですけどね。

そして、利府駅では鉄道の到着時間に合わせて、イオンモール行きのシャトルバスが出ているのですが…

このバス、「イオンモールがバスを丸ごと貸し切っちゃっている」という点が面白い。

前扉の横に「貸切」と書いてありますよね。路線バスのようで路線バスではない。でも、ちゃんと運賃は収受するし、定期券まで発売開始しちゃいました。ちょっと難しい位置づけです。

このバスの扱いはイオンの店舗みたいなものなので、運賃は現金かWAON、PayPayで支払います。バスなのにSuicaなどの交通系ICカードは一切使えませんのでおもしろいですね。運賃は160円。

このイオンモール新利府、今は改築中で南館のみの営業ですが、まぁ巨大ですよ。高速道路からのアクセスもいいので、なかなかいいところに目をつけて出店したなと思います。イオンの得意技ですね。

駐車場から新幹線見えますので、好きな方はぜひ、のんびりしてみてください。

と、家に帰ってきてブログにまとめて気づいたのですが…

イオンモール利府は地図上のピンが付いているあたり一帯を占めています。よって、健脚の方なら新利府駅から歩いて行った方が早く到達できるのではないかと思います。

このイオンモールは気に入りましたのでまた行きます。今度行くときに新利府ルートを検証してみますね。

まとめ

東北本線利府支線に乗車し、以下の知見を得ました。仙台近郊にお越しの際は、気が向いたら乗ってみてください。

  • もともと大動脈だった路線の生き残り
  • 新幹線基地やイオンモールの出店で存在感大
  • 新幹線が間近に見える在来線
  • イオンモールなら新利府駅からも行ける

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました