【特急券分割購入】首都圏の在来線特急では料金節約が簡単です(JRE POINT活用)

スポンサーリンク
鉄道

特急「ひたち・ときわ」「あずさ・かいじ」「踊り子」など、首都圏の在来線特急の多くは全車指定席として運転されている代わりに、オトクな特急料金が設定されています。なかでも、JRE POINTから交換して発券できる「えきねっとチケットレス特急券」は、通常よりも300円相当以上安くなるように設定されています。この特急券で100km以上特急利用する場合には、うまく分割するとさらに節約できます。

スポンサーリンク

えきねっとチケットレス特急券とは

首都圏の在来線を走る一部の特急列車は、全車指定席として運行される代わりに、安価な特急料金が設定されています。

具体的には、下記の列車が該当します。

  • 常磐線「ひたち」「ときわ」
  • 中央線「あずさ」「かいじ」「はちおうじ」「おうめ」
  • 東海道線「踊り子」「湘南」
  • 高崎線「スワローあかぎ」

これらの路線では、ただでさえオトクな特急料金が設定されているにもかかわらず、チケットレス特急券でさらに100円引きになります。

驚くことに、JRE POINTの交換で手に入れるチケットレス特急券は300円相当引きになっており、かなりオトクな水準になっています。

項目50kmまで100kmまで150kmまで200kmまで
通常料金7601,0201,5802,240
えきねっとチケットレス特急券6609201,4802,140
JRE POINT用チケレス特急券4607201,2801,280*
*JRE POINT用チケレス特急券は、200kmまで1,280ポイントで超オトクです(タイプミスではありません)

分割購入で安くなる

JRE POINT特急券は短距離で安すぎる

通常の割引特急券は、全体の料金に対して●%引きと計算されることが多いのですが、JRE POINT特急券は、一律300円相当引きとなるため、その割引額は短距離ほど活きてきます。

項目50kmまで100kmまで150kmまで200kmまで201km以上
JRE POINT用チケレス特急券4607201,2801,280*1,940
*JRE POINT用チケレス特急券は、200kmまで1,280ポイントで超オトクです(タイプミスではありません)

同じ記載の繰り返しになりますが、50kmまでであれば460ポイント、100kmまでであれば720ポイントで乗車できるので大変オトクです。

151-200kmもかなり安い

通常は2,240円かかる151-200kmのレンジでは、JRE POINT特急券では1,280円で済みます。

これは300円相当引きの騒ぎではなく、相当オトクな水準ですよね。

このレンジに相当するのは、例えば東京ー日立や新宿ー上諏訪などが挙げられます。

150kmまでのレンジで分割購入

ここでお気づきな人がいるかもしれませんが、150kmまでのレンジで乗車する場合、上手く停車駅を見つけて50km+100kmに分割購入することで、安くなります。

  • 通しで買う:1,280ポイント
  • 分割で買う:1,180ポイント(460+720)

例えば、東京ー伊東間の利用の場合、

  • 東京ー横浜:460ポイント
  • 横浜ー伊東:720ポイント

と分割することで、本来1,280ポイント必要な区間で1,180ポイントでの乗車ができるようになります。

201km以上のレンジで分割購入

長距離の場合でも分割でオトクになるケースがあります。これは、151-200kmのレンジが安すぎることを活用できるためです。

  • 通しで買う:1,940ポイント
  • 分割で買う:1,740ポイント

例えば、新宿ー松本間の利用の場合

  • 新宿ー八王子:460ポイント
  • 八王子ー松本:1,280ポイント

と分割することで、本来1,940ポイント必要な区間で1,740ポイントでの乗車ができるようになります。

分割購入の方法

えきねっとの「JREPOINT特急券」の予約画面から、該当する区間の特急券を2回に分けて買うだけです。

なお、えきねっとからの予約では座席指定もできますので、同じ座席を指定することで座席の移動を省略することが出来ます。

買い方の詳細などはほかで紹介されていることが多いので、ご自身でご確認いただければと思います。
>> えきねっとチケットレスサービス (JR東日本)

分割購入の注意点

予約が2回必要

当然のことですが、各区間ごとに2回に分けて購入する必要があります。急いでいるときは、煩わしい手間となりますので、1枚で買っちゃうのもアリです。

予約変更も2回分実施

予約変更自由なのがえきねっとチケットレスサービスの大きな利点ですが、分割購入している場合は変更も2回行わなければなりません。これも煩わしい点となります。

なお、乗車時間が迫っている場合は、まず先の区間だけ乗車変更しておき、あとの区間は乗車後に変更をかける、というやり方も出来ます。※朝の上り列車の場合は、あとの区間が埋まることが予想されますのでご注意ください。

速達型の列車では利用不可

列車が通過する駅では分割することが出来ません。例えば、上野→水戸をノンストップで走る特急「ひたち」に乗車する場合は、計算上オトクとなる石岡駅での分割が出来なくなります。

石岡駅に停車する特急「ときわ」の利用が前提となります。

運行障害発生時

A→B→Cと分割した際に、B駅発車後に列車が運休となった場合、A→Bの区間については乗車が完了しているので、払い戻し対象外となります。

運行障害時においてリスクがあるという点も忘れてはいけません。

ご参考)乗車券も安くできる

この記事では詳しく触れませんが、100kmや120kmなどの閾値をギリギリ超える区間(東京→熱海、東京→水戸など)を移動する場合、途中駅で乗車券を分割することで、運賃の節約も可能であることが多いです。突き詰める方はご検討ください。

下記は東京から水戸までの節約移動術をまとめたものです。記事内では運賃の節約方法にも触れています。

まとめ

JRE POINT特急券を活用して分割購入すると、特急料金が安くなることをご紹介しました。

対象列車に100キロ以上乗車する場合や、201キロ以上乗車する場合は、「もしかしたら安くなるかもしれない」と勘を働かせてみましょう。

注意点も踏まえたうえで上手に活用してくださいね。

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました