福島県

スポンサーリンク
鉄道

JR東日本の臨時列車は特急料金が高額になる理由

各地で走る臨時特急は、定期列車に比べて特急料金が高額になることがあります。これは列車名が「ひたち」や「ときわ」ではなく、安価な特例の料金体系が適用されないためです。特急「あたみ」を具体例に、特急料金の仕組みから分かりやすく解説しています。
バス

【水郡線vs高速バス】実証実験中の水戸~郡山線に勝ち目はあるのか?

水戸~郡山間を茨城交通と福島交通が分担して計2往復/日の高速バスを運行。途中、勝田駅と日立駅を経由。運賃は3,100円で、所要時間は3時間40分。2021年12月から2月までの実証実験中ですが、果たしてこの路線の勝ち目とは?
鉄道

震災から復活した常磐線特急「ひたち」、運行障害の東北新幹線のバイパス路線として定着!

震災から復活した常磐線が、別の地震で被害を受けた東北新幹線の代役として大活躍しています。その後のポイント故障時にも柔軟に対応。東北新幹線が不通の間の特急「ひたち」の奮闘を、全線再開時の思い出とともに記録します。
鉄道

常磐線のグリーン車が稀に無料開放される理由

常磐線(水戸ーいわき間)でグリーン車が無料開放されることがあります。乗車券のみで利用できることから乗りトクとされていますが、必ずしもお勧めできるわけではありません。無料開放される背景と共に解説します。
鉄道

常磐線特急「ひたち」(E657系)にベビーカーを持ち込むならこの座席がおすすめ

常磐線の特急ひたち・ときわに使われる車両E657系には、座席をうまく選べば、比較的大きなベビーカーであっても畳まずに車内に持ち込めます。ポイントは「最前列」。列車の進行方向と最前列の座席番号なども含め、ご紹介します。
鉄道

【E501系10両の底力】空気輸送の評判を覆す!常磐線日立のラッシュで大活躍。引退後予想とともに。

E501系10両編成は、水戸ーいわき間をメインに活躍する通勤電車。「空気輸送」と言われることがありますが、はたしてその存在価値とは。水戸ー日立の通勤通学ラッシュに大活躍のE501系。遠い将来に引退したあとの常磐線予想も含めて解説します。
鉄道

【停電!?】台風の常磐線に閉じ込められたのでレポート。風の難所「東海ー大甕」を行く

2021年秋に関東地方に接近した台風の影響で、JR常磐線は一部区間で一時運転を見合わせました。台風接近でも事前の運休アナウンスをせずに運航を継続しましたが、久慈川は強敵でした。常磐線の風の難所、東海ー大甕間についてレポートします。
鉄道

郡山から山形新幹線に乗るなら、福島まで自由席だと超オトクです。【乗継割引+特定特急券】

山形新幹線のほとんどの列車が停車する「郡山」から山形方面へ新幹線を利用するなら、郡山ー福島間は自由席、福島ー山形新幹線内は指定席にすると、郡山ー福島間の特急料金が実質約70円になります。そうなる背景と、えきねっとから申し込む際のコツを伝授します。
鉄道

【特急ひたちの窓枠】常磐線特急E657系の景色がいい席の見分け方【海側はA席】

特急ひたちに使用されるE657系には2列1セットの窓が使われています。本ページでは窓枠の席の見分け方を書いていますのでご参考ください。偶数席・奇数席などの観点では判断できませんので注意してください。ちなみに海側はA席です。
鉄道

E657系の6号車2番席はアタリ席?ハズレ席?【特急ひたち】

常磐線の特急「ひたち」に使われるE657系には車いすスペースがあり、横1席のみとなっています。そのすぐ後方の席(6号車2番席)は、前が1席のみのため開放感がありますが、テーブルが小さい、コンセントの位置が異なるなどのデメリットも目立ちます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました