福島県

スポンサーリンク
鉄道

山形新幹線「つばさ」の解説。おすすめ座席はA席。景色のいい区間は福島~米沢。

山形新幹線「つばさ」は全車指定席です。景色がいい席で迷っているなら「A席」をおすすめします。窓枠は全席共通です。景色のいい区間は福島~米沢間。同区間は別ルートを建設する構想もありますので、ご利用はお早めに。
鉄道

【天気で比較】窓がない「風っこ」車内のようす。雨天時や夜間走行は楽しめるのか。

「びゅうコースター風っこ」は、晴れの日に乗れば開放的な旅を楽しめますが、雨が降ってしまった場合はカーテンが下ろされ、爽快感はなくなります。晴天運行と雨天運行の比較をしていますので、ご参考ください。夜の風っこの様子もお伝えします。
鉄道

JR東日本の臨時列車は特急料金が高額になる理由

各地で走る臨時特急は、定期列車に比べて特急料金が高額になることがあります。これは列車名が「ひたち」や「ときわ」ではなく、安価な特例の料金体系が適用されないためです。特急「あたみ」を具体例に、特急料金の仕組みから分かりやすく解説しています。
鉄道

【E501系10両】空気輸送の評判を覆す!常磐線日立のラッシュで大活躍。引退後予想とともに。

E501系10両編成は、水戸ーいわき間をメインに活躍する通勤電車。「空気輸送」と言われることがありますが、はたしてその存在価値とは。水戸ー日立の通勤通学ラッシュに大活躍のE501系。遠い将来に引退したあとの常磐線予想も含めて解説します。
鉄道

【乗務員体調不良】常磐線、プロ意識高い適切な判断と、当該列車のその後。

2021年5月17日、JR常磐線の小木津ー日立間を運転中の乗務員さんが体調不良となり、一部列車が運休となりました。その時に現場に居合わせたので、状況をレポートします。その乗務員さんの適切な判断により、他の列車の遅延は最小限に抑えられました。
鉄道

常磐線特急「ひたち」(E657系)にベビーカーを持ち込むならこの座席がおすすめ

常磐線の特急ひたち・ときわに使われる車両E657系には、座席をうまく選べば、比較的大きなベビーカーであっても畳まずに車内に持ち込めます。ポイントは「最前列」。列車の進行方向と最前列の座席番号なども含め、ご紹介します。
バス

【H657系!?】見覚えのある車両番号について解説(JRバス関東)

JRバス関東では「H657」という鉄道で見覚えのある番号が振られている車両があります。結論から言うと、H657=ハイデッカー高速用横4列(WC付)日野車です。一般の人でも知っておくといい桁数もありますので、雑学として知っておきましょう。
鉄道

【黒磯ー新白河】黒と白の峠越えをE531系(常磐線電車)が走ります

黒磯ー新白河間の山越えは常磐線でおなじみのE531系が走ります。黒磯駅構内の特殊な配線の事情で、常磐線の車両が東北本線を走っています。白と黒が多用される駅名に着目しながら県境を眺めてみましょう。
鉄道

地震に伴う臨時ダイヤの常磐線特急ひたち号に乗車、臨時快速と車両繰りを考える

2022年3月の地震に伴い、常磐線の徐行運転が発生。特急列車の一部区間を運休し、代わりに臨時快速として運転する処置が取られました。ダイヤの観察のほか、茨城県内→仙台の移動が必要となり乗車した記録も残します。
現地滞在

【新白河駅】暇な乗り継ぎ時間に食事をとるならどこがいい!?

黒磯ー新白河間の分断+減便で難所化し、新白河駅で中途半端に長い乗り継ぎ時間で何をしよう!?と考えている方に、時間をつぶせそうなお店が集まっている場所をご紹介します。結論ですが、駅から徒歩5分の国道4号線か国道289号線に出れば何でもできます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました