【電車】山口宇部空港アクセスに使える「草江駅」のご紹介【下関シャトルバス廃止】

スポンサーリンク
鉄道

山口宇部空港は山口県の空の玄関口。空港から下関駅まではリムジンバスが走っていましたが、2021年9月で廃止になり、今は割高なシャトルタクシーが運行。空港アクセスが不便になっていますが、実は「草江駅」まで徒歩8分でアクセス可能なので、鉄道利用が注目されています。筆者が草江駅を利用した記録をお伝えします。デメリットも把握したうえで活用しましょう。

空港と下関駅を結ぶシャトルバスが無くなったことを受けて本記事を執筆しています。筆者が最近訪れていないために写真が古い(2013~2016年頃)ですが、文字情報は最新の内容を調べ直して記載しておりますので、ぜひご参考ください。

この記事は
・山口宇部空港ってどうやって行くの?
・近くに鉄道駅はあるの?
・草江駅って遠いの?
・鉄道を利用する際の注意点は?
こんな疑問点に答えています。

スポンサーリンク

山口宇部空港はここにある

山口宇部空港は、山口県の中南部にある空の玄関口です。

日本航空、全日空、スターフライヤーなどの航空機が離発着しています。

県庁所在地は山口市ですが、最も人口が多いのは下関市。そのため、山口宇部空港から下関市内に向かう人も多いと思われますが…

騙されてはいけません。

下関からであれば、山口宇部空港よりも北九州空港の方が断然近いんです。

あっ!?もう航空券買っちゃいました?あらら、ちょっと遅かったね。笑

そもそも山口宇部空港と北九州空港は互いに近い距離にあり、かつては両空港での航空機同時離発着が制限されていた時期もあったそう。※今では解消されています

そんな話は置いておいて、今日は山口宇部空港へのアクセスについて考察し、少しでも便利に使えるように考えてみましょう。

下関アクセスが不便に

山口宇部空港ユーザーにとって衝撃のニュースが入ってきたのが、2021年9月。

なんと、空港と下関駅を結ぶシャトルバスが廃止になるとのこと。

え~、どうやっていくの?

と思った人に向けてお伝えすると、代替として「空港シャトルタクシー」が運行されているので、ダイレクトアクセスは確保されています。

ただ、運賃が2,000円(おとな/こども同額)という割高な設定なので、さすがに使いにくい。

ますます使いにくくなった空港。このまま落ちぶれるのか。

鉄道アクセス可能です

実は、山口宇部空港にはバスが無くても行くことができます。

この空港には鉄道が乗り入れているんです。

すみません、ちょっと話を盛りました。

正確には、山口宇部空港の近くには鉄道の駅があって、この駅まで行けば、電車で空港を脱出することができるのです。

やりましたね。

山口宇部空港の最寄り駅はJR宇部線の草江駅となります。

空港から徒歩約8分で到着可能。舗装された道を歩いていくだけなので、天気に恵まれれば荷物が多くても全く問題ないでしょう。

Google mapさんのルートでは駐車場の真ん中を堂々と歩いていますが、ターミナルを出てすぐ右に歩き出せば、安全な歩道を通って向かうことができますよ。

しっかり案内板も出ていますので、迷う心配もありません。

草江駅はこんなところ

:注意:この写真は草江駅横の踏切から撮影したものです。線路には立ち入れません

草江駅は1面1線の小さな駅です。

ホームにも大荷物を持っている人がいますね。あれくらいの荷物であれば、この駅まで余裕で歩いてくることができます。

極端な例を出しておきますけどね、子どもが生まれた後に同空港を利用した際…

ベビーカー押してここまでやってきてますから(笑)、どれだけ楽勝な距離かお分かりいただけることでしょう。

ちなみにこの駅では乗車券の発売を行っていませんので、飛行機に乗る前にJRの乗車券を買っておくか、到着した車内で整理券を取り、降りる駅か車掌さんにお願いして精算してもらう必要があります。

※宇部線はJR西日本の路線ですが、全国のみどりの窓口で乗車券を購入することができます。少なくともJR東日本管内であれば、指定席券売機で任意区間の乗車券を購入できます。

ちなみに、草江駅には1-2時間に1本のペースで電車が来ますので、その時間に合わせて空港で時間調整してからくるといいでしょう。

空港内にはカードラウンジがあるので、到着時の航空券と対象カードをもっていけば無料で利用できますよ。

このルートのデメリット

鉄道駅まで簡単にアクセスできることはお分かりいただけたかと思いますが、問題はこの後です。

実は宇部線、草江駅から下関駅に直通する列車は1本しかありません。

多くの場合では宇部駅での乗り換えとなりますが、この宇部駅での乗り換えが大変でした。

私が訪れた時は

こんな長い階段を大荷物を持って上がり降りしなければなりませんでした。

おそらく空港ー草江駅間をはるかに上回る鬼門。それが宇部駅でした。

今ではエレベーターがあるようですが、エスカレーターはありませんので、荷物が多い方は気を付けてくださいね。

注意:運賃改定前の乗車券です

青春18きっぷシーズンのオトクワザ

1日あたり2410円で普通列車が乗り放題となる青春18きっぷというものがあります。

鉄道だけを用いた長距離移動を連想しがちですが、頭を柔軟にすれば用途は多彩です。

ご自宅が関東のJR沿線で、羽田空港から山口宇部空港へ飛ぶのであれば、青春18きっぷの利用も視野に入れてみましょう。

自宅最寄り駅ー蒲田駅と草江駅ー目的地の両方でJR線の普通列車を利用できるので、あっさり元が取れちゃったりします。

蒲田駅から羽田空港までのアクセスは、シャトルバスがあるほか、京急蒲田駅まで歩いていくことも可能です。詳しくは下記の記事を参考にしてくださいね。

まとめ

シャトルバスが廃止になったという山口宇部空港。ふと、下関方面への旅行で山口宇部空港を利用した時のことを回想し、以下の知見を得ました。

  • 山口宇部空港から下関駅までのシャトルバスは廃止となり、シャトルタクシーが運行
  • シャトルタクシーは高額
  • 山口宇部空港から宇部線草江駅まで徒歩約8分
  • 鉄道利用の場合は宇部駅での乗り換えが必要
  • そもそも下関行くなら北九州空港のほうが便利かも

楽しくお得な旅にお出かけください。

山口宇部空港
>> こちら

JR西日本(JRおでかけネット)
>> 草江駅の情報

山口宇部空港から下関駅へのシャトルタクシーの情報
>> こちら

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました