【注意】オトクなJRE POINT交換のSuicaグリーン券に潜む2つの落とし穴と回避術

スポンサーリンク
鉄道

首都圏のJR線で利用できる、1枚600ポイントで交換できる普通列車用グリーン券。ついうっかり操作を間違えて受け取り損ねたうえに、通常料金のグリーン券を発券してしまうことがあります。これからJRE POINT用Suicaグリーン券を利用する方は、この記事に書かれている内容を頭の片隅に置いておくだけで注意することができますので、ぜひご覧ください。

この記事では、
・JRE POINTをSuicaグリーン券に交換するとオトクなの?
・申し込むときの注意事項は?
・受け取りは簡単なの?
・気を付けることはないの?
こういった疑問に答えています。

スポンサーリンク

JRE POINT用Suicaグリーン券について

首都圏を走る一部のJR線の普通列車にはグリーン車がついています。

出典:JREPOINT公式サイト(JR東日本) ページ最後にリンクあります

平日の着席通勤のほか、週末の観光にも活躍するこの車両を利用するには、乗車券のほかにグリーン券が必要です。

料金は下記の通り。

営業キロ平日休日
50kmまで780円580円
51km以上1,000円800円

庶民には決して安くはない金額ですが、今ではグリーン車の大衆化が進み、JRE POINTの交換でもグリーン券を入手することができます。

1枚あたり600POINTで、乗り換えで方向が変わらない限り1)どこまででも乗ることができるため、オトクです。

知らないうちに貯まったポイントをちょっとずつ使う先としても有効です。

1)例えば高崎→大宮→東京と乗り継ぐことはできますが、高崎→大宮→宇都宮と乗り継ぐことは出来ません。

JRE POINT用Suicaグリーン券の落とし穴

ここからが本題ですが、このオトクなきっぷには気を付けなければならない点があります。

当日の申込では使えない

Suicaグリーン券への交換はJRE POINTのサイト(アプリを含む)から申し込むことが可能なのですが、実はこれ、申し込み当日は受け取ることができません。

翌日の朝5時まで待たなければならないのです。

Suicaグリーン券を使いそうな日の前日までに申し込むことを忘れてはいけません。

券売機で駅名ボタンを押してしまう

前項の落とし穴は「発券できない」だけで済みますが、こちらは実害を伴います。

駅のホームに設置されているSuicaグリーン券売機に対象のSuicaを置くと、このような画面になります。

行先の駅名を押してくださいと出ましたね。

え~っと東京はどこだ?あっ一番上にあった。さてと、ぽちっと…した人!

はい、穴に落ちました

東京まで、通常料金のグリーン券をお買い上げとなります。

最初に「Suicaグリーン券受取り」を押せ!

あなたが最初に押すべきだったのは、左上のこちらのボタンです。

どうです?分かりますか?この落とし穴の大きさ。笑

落とし穴の回避術

モバイルSuicaを使う

もしスマホにSuicaを搭載することに抵抗がないのであれば、この機会にモバイルSuicaにしてしまいましょう。

モバイルSuicaであれば、JRE POINTサイトから交換申し込みをした直後からSuicaグリーン券の受け取りが可能です。

また、申し込み後にモバイルSuicaを起動すると、「交換可能なSuicaグリーン券がある」旨のポップアップが表示されますので、そのリンクをたどれば誤って通常料金で発券してしまうことはありません

残高0円のSuicaを登録する

どうしてもモバイルSuicaを使いたくないという方は、お手元に要らないSuicaは転がってないでしょうか?

VIEWカードに勝手についてきてしまった使い勝手の悪いSuicaでもいいです。

これらのカードをチャージをせずに使い、Suicaグリーン券受け取り専用にしてしまいます。

Suicaグリーン券は残高から差し引いて発券するため、残高がない以上は物理的に誤発券できなくなります

なお、受け取りは申し込み当日にできないため、気が向いたときに1枚だけ登録しておきます。30日間のうちに受け取ればOKなのですが、万が一使わなかった場合にはポイントが口座に戻りますので安心です。(期間限定ポイントは失効する可能性があるので注意)

まとめ

JRE POINTの交換先として人気のSuicaグリーン券。利用の際には以下の落とし穴にご注意ください。

  • (Suicaカードの場合)JRE POINTから交換申し込みをした当日は受け取れない
  • 券売機で先に駅名をタップすると通常料金が差し引かれる

注意点を把握したうえで、快適でオトクな旅に出かけましょう。

JRE POINTについて詳しくは公式サイトをご覧ください
>> こちら
交換もこのページからできます。

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました