鉄道

スポンサーリンク
鉄道

都区内パス(Suica)を使うと乗り越しが便利。定期と併用できない理由も分かってきた。

都区内パスはSuicaにも搭載することができ、IC専用改札も通過できるなどのメリットが目立ちます。乗越精算も自動で実施されますが、その際に実際の経路よりも安い金額が適用されることがあります。1日限りの都区内全線定期券として登録されるようす。
鉄道

「東成田駅」訪問記。実は成田空港へ安く行く一つの手段です。

東成田駅は成田空港の敷地内にある、現代に残る旧成田空港駅です。昭和で時が止まった構内を垣間見ることができることから、見物客も見られます。当駅から第2旅客ターミナルに行くことができ、空港加算運賃がかからないことから安価になります。
鉄道

【慎重に選べ】こども用にはSuicaかPASMOか。1枚しか持てないのに全く異なる2枚です。

首都圏ではSuicaとPASMOがありますが、子ども1人に対しては1枚しか発行できません。同じと言われるSuicaとPASMOですが、Suicaしか貯められないポイントや、PASMOしか買えないおトクなきっぷがあるので、慎重に選ぶべきです。
鉄道

(2024年更新)当日OK「成田エクスプレス」に安く乗る方法まとめ

成田エクスプレスはA特急料金が適用されるため高額ですが、JRE POINTを利用したチケットレス特急券であればオトクに乗車可能。NEX往復きっぷも健在です。東京ー成田空港を例に解説します。
鉄道

【ほぼ往復】JR東日本(9020)の株主優待を賢く使ってオトクに旅行!蕎麦にトッピングしながら。

JR東日本の株主優待を解説。運賃などが4割引きになる株主優待割引券は一筆書きの片道切符に適用して「ほぼ往復」できるように使いましょう。株主サービス券も配布。後者は内容にリニューアルもありました。一つずつ見ていきますのでご参考ください。
鉄道

【2024年更新】偕楽園臨時駅は、今年も盛大に営業しました

偕楽園臨時駅について記載。2024年も土休日限定で開設されています。近くのスポットを紹介するほか、鉄道マニア向けに偕楽園駅にまつわるエピソードを共有します。オススメのバスの乗車券情報も記載するのでご参考です。
鉄道

北陸3セク線を通しで乗るなら「北陸おでかけtabiwaパス」か「北陸3県2Dayパス」がオトク。

北陸新幹線の開業によってJRから経営分離された北陸の在来線。(1)北陸おでかけtabiwaパスや(2)北陸3県2Dayパスを使うと低コストで旧北陸本線の旅を楽しめそう。JR西日本のtabiwaで購入可能。青春18きっぷの代わりに使えそう。
鉄道

今でも使える「ミニ乗継割引」を2つご紹介します。

かつて新幹線と在来線特急列車を乗る時に在来線特急料金が半額になる制度として知られていた乗継割引は、2024年3月に廃止となりました。しかし、区間ごとに設定された特例として、(1)秋田新幹線や山形新幹線、(2)西九州新幹線の例を紹介します。
鉄道

かつて存在した「乗継割引」の記憶。裏ワザ的な活用方法もあった、オトクな制度でした。

かつて、新幹線と在来線特急列車を乗り継ぐ場合、在来線の特急料金が半額になる「乗継割引」という制度がありました。近年では縮小傾向で、「適用される区間」と「適用されない区間」を適切に見分ける必要がありました。
鉄道

1日1本!E131系で鹿島線から成田線に直通する3528M列車に乗車。南房総へ向かう運用の一部。

E131系は、主に南房総エリアと鹿島線で活躍していますが、鹿島神宮を08:12に発車する鹿島線唯一の成田行き(3528M)は列車運用上も重要になっています。南房総と鹿島線をつなぐ送り込みの一部をなしています。
スポンサーリンク