くれたけイン浜松駅南口プレミアムに宿泊した感想と、選ぶメリット。

スポンサーリンク
現地滞在

数あるホテルチェーンの中で近年拡大を続けている【くれたけイン】は、一度泊ったらやみつきになること間違いなし。本拠地「浜松」の地で、くれたけイン浜松駅南口プレミアムに宿泊してみた感想を共有します。最大のポイントはハッピーアワー。20時までのチェックインを目指しましょう。唯一の注意点も。

スポンサーリンク

くれたけインとは

くれたけインは、静岡県内を中心に展開するホテルチェーンです。運営は「呉竹荘」という会社で、本社は静岡県浜松市。

東京都内や北海道にも出店していますが、店舗数はまだまだ…

そのため、静岡県内に泊まる機会がなければ、あまり馴染みはないかもしれません。

呉竹荘と聞くと森の中の別荘のような感じがしますが、静岡県内の主要駅の目の前に立派なビジネスホテルを構えていますよ。

感想を一言で伝えるとすれば「これは癖になる」。もし泊まる街に’くれたけイン’を見つけたら、ぜひ選択肢に入れてみてほしいと思います。

くれたけイン浜松駅南口プレミアムに宿泊

2021年の年末に「くれたけイン浜松駅南口プレミアム」に宿泊しました。

ホテルの立地

このホテルの最寄り駅は、東海道新幹線の停車駅である「浜松駅」です

浜松駅には「のぞみ」は停車しませんが、一部の「ひかり」が停車します。通過となる「ひかり」もあるので注意です。

全ての「のぞみ」が通過する浜松駅ですが、周辺は栄えており、一瞬「ここが県庁所在地か」と見違えるほどです。無条件で素通りする「のぞみ」はもったいないんじゃないかと思うくらい、栄えています。

さて、ホテルの場所はというと…

浜松駅南口を出て左側に進み、信号のある交差点を1つ渡るだけで到着。

新幹線改札から徒歩2分程度(在来線改札からは3分程度)の好立地です。

ホテルの内装

大人2人+未就学児1人(添い寝)で利用しました。

ダブルルームの利用で、添い寝が狭くないか心配していましたが、杞憂に終わりました。

普段は狭いベッドに川の字に寝ていて、夜中に子どもに蹴られ続けることが多い我が家ですが(笑)、この広さなら蹴られることなく熟睡できます。

バストイレ同室のユニットバスで、洗い場はありません。

このお風呂では物足りない…という人には、ホテルの1階に完備されている共同の浴場が利用できます。手っ取り早く広い湯船に浸かりたいのであればそちらの利用が便利です。ただ、期待するほどの広さではなく、そのことはホテルも自覚しているのか「大浴場」とは書かずに「浴場」と表記しています。

コロナ対応として、浴場は人数制限されています。

空調

全館集中管理型の空調が多く採用される中で、このホテルでは各部屋に個別のエアコンが設置されていました。

ホテルの客室では「夏は暑く冬も暑い」となりがちですが、ここでは心配する必要はなさそうです。

アメニティ

くれたけインでは、必要最小限ながらも快適な滞在を送ってほしいとの考えから、選択式のアメニティが充実しています。

フロント前にアメニティが置かれていて、必要な分を持参できます。

なお、当然ですが持ち帰りはご遠慮とのこと。部屋で使う分だけを頂きましょう。

入浴剤があるのはうれしいですね。

意識高い系の香りがするボディソープやシャンプーもあります。意識低い系の私が使っても、オレンジのいい香りがして気に入りました。

ハッピーアワー

くれたけイン最大の特徴と言えるのが「ハッピーアワー」でしょう。

ラウンジがついている高級ホテルではよくあるサービスですが、ビジネスホテルではなかなかないですよね。

  • 生ビール・カクテル・ソフトドリンクから選べる
  • 1人1杯まで(お代わりできない)
  • 柿の種や枝豆などのおつまみまである

必要最小限ながら、ホテルに到着してから1杯いただけるのはうれしいですね。

なお、ハッピーアワーは18:00-20:00限定なので、20時前のチェックインを死守したいところ。

おいしいですね。私はそんなに飲めないので、これでお腹いっぱいです。

子どもたちも元気に過ごしていますので、お子様連れも気兼ねなく

ホテルの朝食

宿泊者全員に朝食が用意されています。

バイキング形式です。

朝食会場が混み合うため、弁当にして部屋に持ち帰ることもできます。コロナ対応も加味されていると思われますが、子どもがいる場合は部屋のほうが気兼ねなく過ごせるので助かります。

時間は06:30-09:30なので、早朝出発の場合は利用できません。

チェックインとチェックアウト

チェックインは15:00から、チェックアウトは10:00まで。

東横イン+αに設定されています。最近は11:00チェックアウトのホテルが多い中で、朝は早めです。

前日に’はしゃぎ過ぎる予定の人’は寝坊に注意です。

唯一の注意点

このホテルの客室には加湿器がありません。

特に乾燥が強くなる冬は、夜にベッドに入ったらエアコンを切るなどの自衛策が必要です。

前述のとおり、各部屋に個別のエアコンが設置されているので、上手に利用しましょう。

まとめ

くれたけイン浜松駅南口プレミアムに宿泊し、以下の知見を得ました。

  • 客室がきれい
  • ロビーもきれい
  • アメニティが充実
  • 大浴場はないが浴場ならある
  • ハッピーアワーは超おトク
  • 朝食も充実で、部屋でも食べられる
  • 駅から近い

今回は浜松駅南口のくれたけインをご紹介しましたが、静岡県内には各所に展開されていますので、機会があれば他のホテルも利用してみたいと思います。

皆様もぜひ、使ってみてください。

ホテルの公式サイトを見る
>> こちら

編集後記
2021年の年末、北陸方面から特急「しらさぎ」に乗って名古屋に行き、栄で宿泊する予定でした。しかし、米原地区を襲った大雪の影響で特急「しらさぎ」が運休となり、特急「サンダーバード」を利用した京都経由の経路に変更に。この場合、乗車券は振替の対象となりますが、特急料金は別にかかります。本来なら一本で行けた福井→名古屋を、福井→京都→名古屋と別々の特急料金を支払うのはなんか悔しい。どうせなら先に進もうと、福井→京都→浜松と、名古屋をすっ飛ばして静岡県入りしたのが今回の宿泊に繋がりました。浜松の街の良さにも触れることができ、結果オーライな旅行でした。今度は浜松が目的地になりそうです。

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました