泉南りんくう公園ーりんくうタウンを散歩してみた。海沿いのスタバ・イオン・アウトレットを歩いて繋ぐ。

スポンサーリンク
現地滞在
この記事は約5分で読めます。

沖合に関西空港を望む泉南りんくう公園内に出店しているスターバックスに行き、海の向こうに見える飛行機の離発着を眺めながらゆったり過ごしました。ここまで南海本線樽井駅から徒歩15分。公園向かいのイオンモールからりんくうタウン駅やアウトレットまでの路線バスもありますが、海沿いを歩くのも気持ちがいい。…はずだったのですが、イオンモールりんくう泉南からりんくうタウンの公園まで、全長3㎞にわたってトイレがなく、地獄の散歩になりました。徒歩約40分。ご参考まで。

スポンサーリンク

泉南りんくう公園は「リゾート」

大阪難波から南に向かう南海電車に揺られ、関西空港方面と分岐する泉佐野を過ぎてしばらくすると、樽井という駅につきます。

速達列車の停まらない小さな駅ですが、実は「一大拠点」への最寄り駅でもあるのです。

どこかというと、

泉南りんくう公園

泉南りんくう公園の最寄り駅なんです。

この公園は「SENNAN LONG PARK」という異名を持ち、その名の通り「かなり横長の公園」です。

公園内にアスレチックやグランピング施設があるほか、

「スタバがある!」

だいたい、店名に「◯◯公園」が入るスタバはすごいことになっていますから、膨らみきった期待を胸に行ってきました。

そして、このエリアからは関空連絡橋を眺めることができます。

「見えるということは歩いていけるよね」という幼稚園生未満の安易な考えのもと、りんくうタウンまで散歩しましたので、合わせてご紹介します。

垂井じゃなく樽井

余談ですが、東海道線に垂井という駅があります。検索アプリなどで行き方を下調べする際には気をつけてくださいね。私は何度も間違えて、東海道新幹線を案内されてしまいました。

また、樽井駅には特急サザンなどの速達型の列車は停まりません。

駅の改札口は地上1箇所のみで、和歌山市寄りの先頭車両付近にあります。普通列車の乗車率が高いなぁと思っていたら、先頭車両の大部分の乗客は樽井駅で降りてしまいました。

利用者は多いようです。

そんな樽井駅を出て左へ進み、絶対に視界に入るであろう歩道橋を渡って真っ直ぐ進むと公園につきます。

一帯が公園になっているのですが、もしスタバ方面に向かうのであれば大通りの交差点を渡ってから右に向かいます。

イオンモールを右前方に見ながら進むことになります。

スターバックス泉南りんくう公園店

ほどなくすると、スタバが見えてきます。

どの角度から見てもおしゃれすぎてしびれます。

しばらく筆を休めて、写真だけ載せていくことにします。

といった感じ。

店内には海洋プラスチック問題に触れたお手製の看板も設置され「海を見ながら環境問題に対してできることから始めませんか」と。はい、もちろん始めます。店内用カップでOKです、ストローは紙?いやいや直に飲みますとも。

イオンモールりんくう泉南

スタバの斜め向かいには、ショッピングモール「イオンモールりんくう泉南」があります。

こちらは「泉南りんくう」ではなく「りんくう泉南」だそうです。

中は撮影禁止なので掲載できませんが、まぁ至って一般的なイオンモールという感じ。

同じ「空港沿い」ということで比較すると、イオンモール常滑やイオンモール成田のほうがワクワク感は上を行っている気がします。

ただ、周辺には公園以外何もありませんから、貴重な施設であることは間違いありません。

しっかり英気を養いつつ「入れるものは入れ、出すものは出して」から先に向かうことをおすすめします。

なお、イオンモール内にもスタバがあります。隣接した店舗があるとモバイルオーダーで間違えそうになりますから怖いですね。

泉南りんくう公園からりんくうタウンへ

この記事では泉南りんくう公園からりんくうタウンまで歩いて向かっています。しかし、通常の移動であれば歩いて行くのは現実的ではなく、路線バスを使うことをオススメします。路線バスの情報をお探しでお急ぎの場合は、この先を読まずにイオンモールりんくう泉南のページに向かっていただいた方が参考になります。

さて、イオンを飛び出して橋のたもとを目指して歩き始めましょう。

全区間歩道が完備されています。

車通りが常にあって、治安も安心です。

ランナーも走っていて、頻繁にすれ違います。

しかし、

まったく、

トイレがありません!

スタバでGrandeを入れてしまったにもかかわらず、イオンで出すものを出し切る作業を割愛してしまった私は地獄を見ることになります。

1.4㎞歩くと、1本目の橋に到着します。

頂上からはこれまでよりも高い目線で関空を見渡すことができます。

しかし、トイレはありません。

本来であれば、りんくうタウンと関空連絡橋、およびそれらに向かう軌跡が織りなす景色に感動すべきところですが、そんな余裕がありません。

橋を降りて暫く歩くと、知らないうちに泉佐野市に入っています。

さらに1kmほど歩くと、もう一つの橋を渡ることになります。

これまでも近くに迫ってきた関空連絡橋やりんくうタウンのビル群を見ながら、しかしまだ道程は長く、自身の膀胱に神経が集中してきます。

しかし、暫く歩くと数件の店舗が視界に入り、少し救われた気になってきます。

そしてやっと、左側に公園が見えてきて、最後の踏ん張りを。

助かりました。

数十年ぶりに、本気でヤバいと思いました。一生忘れないと思います。

ちなみに、命を救ってくれたこの公園も泉南りんくう公園と同じように横長な作りになっていて、歩いていけば自然な流れで「りんくうプレミアム・アウトレット」に入っていくことになります。

「りんくうタウン駅」まで行こうとすると、さらに6分ほど歩く必要がありますが、もし最終目的地が関西空港であるのなら、りんくうプレミアム・アウトレットからバスが出ています。

こっちのほうが安いし手っ取り早いです。

ここまで約40分ほどだったかと思います。

お疲れさまでした。

各リンク

いつの間にかトイレレポートになってしまいましたが、お世話になった店舗などのリンクを貼りつけておきます。

南海電車
>> こちら

スターバックス泉南りんくう公園店
>> こちら

イオンモールりんくう泉南
>> こちら
※イオンーアウトレット間のバスの情報をお探しの場合は、こちらのサイトから「アクセス」にお進みいただくと参考になると思います。

りんくうプレミアムアウトレット
>> こちら

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました