スポンサーリンク

【線路に落下】ぬいぐるみを落としてから、再び出会うまでの物語。

鉄道

線路に物を落としても、絶対に自分で取らないでください。
この記事通りにご対応いただくのは難しい状況が多いと考えられます。落し物は利用者の落ち度ですので、無理なお願いは禁物です。

子どもが大切にしていた「ニモ」のぬいぐるみを連れて特急「ひたち」で仙台に行くとき、乗車駅で線路に落としてしまいました。その後、手元に戻るまでの一部始終をお伝えします。

スポンサーリンク

ニモを線路に落とした

事の発端

2020年8月某日、我々家族は仙台の親戚宅に行くため、水戸駅からの特急「ひたち13号」特急券を確保していました。

改札を抜けて3・4番線ホームに降りると、3番線には14:10発の高萩行きが停車しており、水戸にて14:07発の仙台行き特急「ひたち13号」を先に通すダイヤとなっていました。

エスカレーターを降りて3号車付近に向かっているときのこと。

何を思ったのか、娘(4)は、手に持っていたニモを前方に投げ出したのです。

おそらくは投げたのではなく、何かの拍子に手が滑ってしまったんだと思います。

ニモはワンバウンドしたのち、停車中のE501系の車体に体を強打したうえ、ホームと車両の隙間に吸い込まれていきました。

※写真は同一場所の別日時に撮影したものです

ニモーーーー!!!

事態をすぐに理解した娘は大泣き。

時刻は14:05。我々が乗る特急は14:07に出発。しかも、特急が出た後でないと、高萩行きがホームを離れることはないので、救出もできません。

仙台行きの特急は1日3本しかない。

これは、仙台行きを諦めるか、ニモを諦めてもらうしかない。

どちらを選ぶも地獄の絶体絶命。究極の選択を2分ですることになったのです。

車掌さんの助け舟

事態を理解してくれた高萩行きの車掌さんが、ある提案をしてくれました。

水戸には戻られますか?(ー戻ります)
それであれば、お客様はそのまま特急にご乗車ください。
特急列車と普通列車が発車した後に拾ってもらえるよう、関係部署に連絡します。

どん底の我々の前に、とても優しい天使が現れました。

ご迷惑をおかけいたします

特急列車は5分程度遅れていて、その間ホームで待っていました。

本来の普通列車の発車時刻を過ぎる頃、制服を着た駅員さん2人とヘルメットを着けた保線区の方が1人、ホームに来られました。

手には長いUFOキャッチャーのような器具を持ち、一緒に列車の到着を待ってくださいました。

連絡先などを伝え、何度もお礼を申し上げたうえで、特急列車で仙台に向かいました。

ニモとの再会

次の日、仙台から帰ってきた我々は、改札窓口で事情をお話ししました。

ニモは、事務所の引き出しの中に大切にしまってくださっていました。

仙台には行けなかったニモ。

しかし、多くの人のお世話になって、再び再会することが出来ました。

線路に物を落とさないために

線路に物を落とさないために、ホーム上では、次の約束をすることにしました。

  • 手におもちゃ類を持たず、背中のカバンにしまいましょう
  • 物の落下が発生しないように荷物を整理しましょう
  • 余裕を持ち、慌ただしい行動や駆け込み乗車はやめましょう

線路に物を落とすと、鉄道会社の方に大変なご迷惑が掛かってしまいます。今後は気を付けましょう。

現実世界で繰り広げられたファインディング・ニモ。

今回の落し物の件で助けてくれた関係者の皆様、誠にありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました