「サフィール踊り子」は子どもに優しい。子連れでプレミアムグリーンに乗車した感想。

スポンサーリンク
鉄道

2021年9月最後の週末。5歳のこどもを連れて、伊豆急下田から横浜までサフィール踊り子のプレミアムグリーンに乗車した際の感想です。全席グリーンに恐縮している家族に宛てています。

スポンサーリンク

サフィール踊り子とは

誕生は2020年3月14日

2020年3月14日。コロナの脅威が日本列島に迫る時、3つの嬉しい出来事を含むダイヤ改正が行われました。

1つ目は「高輪ゲートウェイの開業」。山手線では初めてとなるキラキラネームは賛否を呼びましたが、久しぶりの新駅開業に活気付いたことは確かでしょう。

2つ目は「特急ひたちが仙台へ」。9年ぶりに常磐線が全線再開した際、震災前に決定した「特急いわき分断」を覆し、復興最優先でE657系を品川ー仙台直通で送り込み話題となりました。

そして3つ目は「サフィール踊り子の運転開始」です。

オールグリーン車の観光特急

サフィール踊り子は、かつて走っていた「スーパービュー踊り子」を置き換える形で登場した観光特急です。

サフィールの語源は宝石の「サファイア」にあるとか。

東京・新宿ー伊豆急下田間を東海道線・伊東線・伊豆急行線を経由して結びます。

編成の全てがグリーン車以上。座席タイプを4両、グリーン個室を2両、最高級のプレミアムグリーン車を1両繋いでいます。

少子高齢化(人口減少)の中で収支を改善するには客単価を上げるのが有効。そのような事情もあったのでしょう。

伊豆方面へのちょっと贅沢な旅行のツールとして選ばれているようです。空席状況を見ると、コロナ禍で苦戦する列車が多い中でサフィール踊り子の利用率は好調に推移しているように見られますが…

ただ、サフィールに乗りたい家族にはハードルが。

子どもが使っていいのか問題

全席グリーンの壁。

主にネット上で繰り広げられる「こどもグリーン車問題」。お金で静寂を買っているんだから子連れはあっちいけと排除する風潮が未だにあるようです。

とにかく賛否両論渦巻く世界ですが、事実として他のお客さんもグリーン車の旅を楽しみにしています。子どもを連れて乗ると決めたからには、うるさくしそうな場面ではデッキで過ごすなど、それなりの覚悟は必要です。

プレミアムグリーン車に乗車

で、今回はハードルを思いきり飛び越えてプレミアムグリーンを選択。

楽しみより恐怖が勝るわけですが、プレミアムグリーンの利用者とならなければ、見学すらさせてもらえません。

しかも伊豆に来る機会なんて滅多にない。

ここで子どもを理由に退いてはプレミアムグリーンを楽しむことは10年以上お預けになる…果たしてその時、自分は生きているのだろうか。

えきねっとで予約した指定席券。受け取らない限りは変更できる…

受け取るか受け取らないか。

当然、その決断は往路の伊東駅の指定席券売機の前までもつれ込み、QRコードをかざしては取消を2回は繰り返しましたが…

最終的には覚悟を決めて発券です。

出てきました。

伊豆急下田から横浜まで、特急料金が1,610円+Pグが4,150円。合計5,760円なり。

乗車時間は2時間22分なので、割り算すると1秒あたり0.676円支払っていることになります。

なんて贅沢な…

伊豆急下田駅の様子

今回利用するのは土曜日の夕方の東京行き「サフィール踊り子4号」です。

伊豆急下田発の上り特急としてはこの日の最終列車となります。

伊豆急下田はターミナル駅となっていて、サフィール踊り子は改札口近くに停車します。

上り列車の場合、プレミアムグリーンは最後尾車両になるので、改札入って30秒で車内に至ります。

入口には見たこともない宝石のマークが付記されています。

3人とも人生初のサフィール。しかもいきなりのプレミアムグリーン。

恐る恐る立ち入ると…

第一印象「グランクラスを越えてきたな」と思うと同時に「この座席で大丈夫かな」。

そして、背後から迫るアテンダントさん。

怒られてしまうのか?

…と思いきや、「プレミアムグリーン以外の乗客がプレミアムグリーンに立ち入らないための検札」を兼ねた巡回だったようです。

終始ニコニコでちょっと安心。

なお、車掌の端末に座席の発売状況が反映されるため、特急券の提示を求められることはありませんでした。

発車時点では貸し切り

サフィール踊り子号の伊豆急下田発車時点では我々家族以外皆無の状態。

遊ぶなら今だ。

斜めに回すことのできる椅子をぐるぐるしてみたり、カシャカシャ写真撮ったりして、ひとしきりの記録を終えていきます。

伊豆急行線内での利用は限定的で、あと1人乗車されただけでした。

アイスがこの世のものではないほど美味しい

「車内販売でございます」

子どもを連れている我々を狙い撃ちするようなタイミングで「アイスクリーム~」って言ってくれてしまいます。

そのキーワードを娘は逃しません。

カチカチに凍った状態で届いたマンゴーアイス。

当然、子どもは溶けるのを待てるわけがないので、無謀にも木のスプーンでカチカチアイスに挑むのですが、お約束のようにスプーンはすぐ折れます。

あぁあと思ったら、袋の中にもう1本、予備を入れてくれていました。

そこまで予想していてくれたんですね。

一口もらいましたが、その味は想像を越えてきます。値段もプレミアム(600円)ですが、余裕があればぜひ。

テーブルが楽しいらしい

プレミアムグリーン車の広すぎる席。

肘掛けからテーブルを出すと、子どもと対面で向かい合うことができます。

伊豆急下田駅で手に入れた詰め放題の恐竜と海の仲間たちを並べて遊んでいました。

なかなか楽しそうですが、後ろの列にお客さんがいらっしゃると目障りになる可能性がありますので、やる場合は後方確認を…

デッキに出てみる

列車は伊豆急行線を走破し伊東に至ります。ここからJR東日本管内。

プレミアムグリーンでは、伊東・熱海での乗車が著しく、ガラガラだったはずの予約も結局70%程度まで上がったようでした。

人が増えてくるとどうしても我が子の発する声が迷惑になっていないか気がかりで、デッキで過ごすことも多くなってきました。

そんなとき、デッキでアテンダントさんが手渡ししてくれたのがこれ。

へぇ、こういうコースターみたいなのがあるんだね!?と思ったら、

手書きのメッセージカードでした。

オリジナルのキャラクターも書いてあります。

ありがたいと思うと同時に、スーパービュー時代から変わらずに、サフィールでも子どもを歓迎してくれるんだと分かり、嬉しくなりました。

列車は東海道線を疾走。

落ち着いて車内を見てみると…

周りの環境に左右されず自分達の時間を楽しむ人、席を少し動かすときに後ろの人に丁寧に話しかける人、アテンダントさんとフランクに話す人…

どこかプレミアム感が出ています。やはり我々は入ってはいけない環境だったのか。

自分たちが言うのも変ですが、グリーン車に乗り込んでくる子連れごときに舌打ちするような人は全く見かけず、杞憂に終わりました。

もうちょっとゆっくり走ってくれても良いのですが、残念ながらまもなく横浜に到着です。

楽しい旅になりました。

アテンダントのみなさま、同席された乗客のみなさま、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました