青森県

スポンサーリンク
鉄道

【青森駅】新駅舎が出来たと聞いたので見に行ったら、まだ工事中だった話

2021年5月、青森駅を訪問。工事着手前の駅舎写真の記録と共にご紹介。駅から行ける観光施設も書いておきます。24時間通行が可能な東西自由通路が開通し、地元の利用者の利便性が大幅に向上しました。
バス

津軽海峡フェリーから函館駅までのアクセス。市内観光するならカンパスが便利。函館バスを利用しよう。

青森と函館を結ぶ津軽海峡フェリーを降りたあと、函館ターミナルから函館駅に出るならシャトルバスがありますが、函館市内をバスで観光する予定があるなら函館バスのカンパスがオトクです。函館駅到着後の市内観光にも使えます。
鉄道

【第三セクターの壁】IGR&青い森。盛岡ー青森間の難所は新幹線か北海道&東日本パスで挑め

東北新幹線の延伸に合わせて段階的に開業した盛岡ー青森間の第3セクター線。IGRいわて銀河鉄道と青い森鉄道は運賃が高額であることで有名。割引きっぷを使えば新幹線の方がはるかに安いので、早めの計画を。北海道&東日本パスも使えるよ。

【快適】津軽海峡フェリーで函館へ。新幹線の半額以下で倍以上時間がかかる楽しい船旅をビューシートで。

津軽海峡フェリーに乗って、青森から函館まで行きました。北海道新幹線の開業が追い風となり、コロナがなければ活況を呈する実力を持っています。船内の過ごし方にもバリエーションあり。実際に乗船したので写真多めでレポートします。
鉄道

北海道新幹線レポート、青函トンネル付近は線路が3本!貨物列車とのすれ違いも!

青函トンネル付近では北海道新幹線の線路が3本に増える三線軌条が見られます。フル規格の新幹線区間で見られるのは同区間だけです。青函トンネル内で貨物列車とすれ違うこともあります。木古内から新青森までの区間は見どころがいっぱい。楽しく過ごしましょう。
バス

青森駅から津軽海峡フェリーまでのアクセスと青森ターミナル内設備をレポート

青森ターミナルから津軽海峡フェリーに乗って函館まで行く人の中で、アクセスについて心配な人はご覧ください。バスは2種類あります。ねぶたん号がフェリーターミナル内に直接乗り入れますが、本数少なめ。青森市営バスでのアプローチも可能です。
鉄道

新青森駅レポート。「何もない」は言い過ぎ、少し歩けば「はま寿司」があるじゃないか。

2010年に開業した新青森駅に11年ぶりに訪問。依然として何もない状態が続いていますが、駅至近にホテルができるなど、着実に発展中。2021年に立ち寄った際の新青森駅構内と周辺の様子をレポートします。
鉄道

奥津軽いまべつ駅の前世、津軽今別。何もない新幹線規格の田舎駅を利用した記録

かつて存在した本州と北海道を結ぶ津軽海峡線の本州側、周辺に何もない新幹線規格の途中駅、津軽今別駅を訪れました。今は北海道新幹線の奥津軽いまべつ駅として生まれ変わり、新幹線も停車するようになりました。本記事は2006年当時の記録です。
鉄道

【竜飛海底駅】青函トンネル内で下車できた時代

北海道新幹線が通る青函トンネルには、かつて2つの海底駅があり、そのうち竜飛海底駅には2013年までツアー参加で途中下車も可能でした。快速「海峡」が廃止された後も特急「白鳥」が停車。今でも緊急脱出用の設備として活躍。駅当時の様子をご紹介します。
鉄道

E2系全盛期の新青森駅開業(2010年12月ダイヤ改正)

2010年12月4日、八戸までだった東北新幹線が新青森まで延伸されました。当時の様子が写真で残っていたので紹介します。当時はJR北海道の特急「スーパー白鳥」が本州に渡ってきていました。485系も健在。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました