JR常磐線、超便利だったポケット時刻表は廃止になりました(2021年3月ダイヤ改正より)

スポンサーリンク
鉄道
ID:1308

JR東日本水戸支社管内で配られていたポケット時刻表は、2021年3月のダイヤ改正分より廃止となりました。品川~いわき間のJR時刻表を切り抜いた形で編集されていたポケット時刻表は、特に鉄道を使いこなしている人にとっては重宝されたため残念ですが、相当なコストもかかっていたと思われますので、廃止は致し方なしと思います。

ポケット時刻表が既に廃止されていることをお伝えするためにこの記事を書いています。ただそれだけでは物足りないので、ポケット時刻表の魅力も伝えています。

スポンサーリンク

これがポケット時刻表です

たぶん、常磐線の取手より先に住んでいる人なら一度は見たことがあるのではないのかなと思います。

この折りたたみ式の時刻表。

駅の窓口などでもらえる時刻表というと、左端に’時’が縦に並び、横に列車の発車時分が羅列される、駅に掲示されているあの時刻表を縮小したやつを思い浮かべるかもしれませんが、このポケット時刻表は違うんですね。

品川~いわき間の全駅対応。取手以南のみの列車は非対応でしたが、特急は赤で示すなど、視認性も抜群。

JR時刻表をぎゅっと纏めてくれた、買っても手に入らない優れものでした。

ポケット時刻表のすごかったところ

流れが見えた

ある駅の発車時刻を調べたいのであれば、駅の時刻表を見れば十分です。

2駅間の移動であっても、スマホのアプリで十分です。

でも、このポケット時刻表を使えば、列車の流れが手に取るように見えたんですね。

どの駅で長時間停車があるか、どの駅まで特急から先回りが出来るか、またはどの駅で降りれば特急のすぐ後に普通列車が来るか…

特急利用区間を少しでも減らしつつ、でもやっぱり目的地には早く着きたいというコスパ最優先型の旅行をしているときや、

グリーン車を使ってゆっくり移動しているけど、そろそろ飲み物が尽きそうで、どこで調達できそうか、という判断をするときにも有用でした。(※現在はグリーン車での車内販売は中止となっております)

ポケットに入った

アナログながらデジタルを越えるハイテクなポケット時刻表は、その名の通りポケットに入りました。

常磐線に乗るときはスマホをカバンの中に入れて、代わりにこの時刻表をポケットに入れていました。

水戸線版もあった

ポケット時刻表には水戸線版もありました。常磐線版よりもボリュームは少ないですが、本数も少ないのでこちらも重宝されました。

特に列車のダイヤが乱れた時、どこトレなどで折り返し列車がどれくらい遅れているのかを把握したうえでポケット時刻表を見ると、どれくらいの時間に駅に行けばいいのか、予想しやすかったです。

もちろん予想が外れることもしばしば…

廃止の周知も大切

常磐線のポケット時刻表が廃止になった今、駅で時刻表を下さいとお願いすると、QRコードを渡されるそうです。JR東日本サイトの時刻表ページに飛びますが、この程度であればアプリで十分ですね。

それでもポケット時刻表を欲する層は一定数いるようで、ついに列車内で「ポケット時刻表は廃止させていただきました」というアナウンスも流れるほど。

ないものはない。あきらめましょう。

ポケット時刻表を広げるとこんな大きさになります。これは作るのにもコストかかりますよね。廃止はやむを得ないと思います。

市販の時刻表でOK?

そんなに時刻表が欲しいなら買えばいいと言われてしまいそうですが、JR時刻表は毎日持ち歩くにはデカすぎますよね。

常磐線の沿線に住んでいる人は、旅行しているのではなく、あくまで日常的に使っている人なので、あの分厚い時刻表を持ち歩くのはちょっと違います。

何かいい方法はないですかねぇ?

自分に合った時刻表の持ち歩き方を考えて、使い勝手のいいものを作っちゃいたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました