スポンサーリンク

何気ない日常を大切に。【185系に関連して】

鉄道

特急踊り子として活躍した185系が定期運用から外れ、引退間近ですが、うちには写真が一枚もありません。今走っている乗り物も、何気なく乗っていますが、全て引退する運命にあることをお忘れなく。※自分に言っています

スポンサーリンク

185系は避けてしまった

東海道線の花形特急である踊り子号は、東京から熱海、伊東、下田方面に旅行に行くときに乗った人も多いと思います。

しかし、私は踊り子号に乗ったことは数えるほどしかありません。乗る機会があってもスーパービュー踊り子号を全力で選んでいました。

そっちの方が、快適そうだから。

時間帯でスーパービューを選べない場合は特急を選択せず、普通列車グリーン車に乗っていました。

小田急線のロマンスカーで小田原まで行くこともありました。

かなり昔の話になりますが、熱海まで特急東海を選んだこともありました。

過去のファイルを全てあさってみましたが、残念ながら185系の写真はどこにもありませんでした。

とにかく、他の車両の方が快適そうだという思い込みで、頑なに185系の踊り子を避け続けてしまいました。

ムーンライトながらが185系になる頃には高速バスの快適性が上がり、わざわざ夜行列車を選ぶ理由も少なくなってきて…とうとう185系に乗ったことがないまま一生を終えるのかなぁ、

と思いながら記憶をたどっていくと、唯一「ホームライナー古河」として185系に乗ったことがあったことを思い出しました。

ホームライナー古河

かつて、宇都宮線にもホームライナーが走っていました。

この列車は上野発古河行きの整理券方式の列車で、車両として185系が使われていました。4号車にはグリーン車が付いていて、通常のライナー券のみで早い者勝ちで着席することが可能でした。

かつて古河に住んでいたことがあって、その際は頻繁に利用していました。

でも、当時はそれが当たり前の日常すぎて、1枚の写真も撮ることなく。

そして、お別れの時を迎えてしまいそうです。

今走っている車両もいずれ引退

今、普通に電車に乗っていますが、その車両もいずれ引退の時を迎えます。

乗れなくなってからでは遅いですが、乗れなくなることが分かった時点でも、既に遅い気がします。

愛着のある車両であれば、普段から少しずつ記録に残していこうかなと思った出来事でした。

そんなことをしているうちに、自分の寿命も迎えるのかな。

タイトルとURLをコピーしました